タグ別アーカイブ: 仕組みを知る

RDSのEasyPrintドライバ印刷の仕組み。転送されるスプールデータサイズは?


リモートデスクトップサービスのRDS時の印刷では、汎用ドライバである EasyPrint が使用できます。 このEasyPrintを使用し、 どのようにプリンタ印刷しているのか? 印刷で転送されるスプールデータファイルサ […]

続きを読む→

WindowsのFTPクライアントではPASVモードでは接続できない?


FTPクライアントの接続には パッシブモード アクティブモード の二種類があり、 このモードの違いにより、TCPレベルで接続が方法が異なります。 詳しくは別途説明するとしまして、 WindowsのFTPクライアント(標準 […]

続きを読む→

AD不参加パソコンがAD参加ファイルサーバーにアクセスする時ドメインコントローラと認証通信するのか?


例えば、会社でAD(=Active Directory)を使用していたとします。家のパソコンからリモートでインターネットVPNをつなげたり、別の運用会社からリモートでインターネットVPNをつなげたりする時を想定しています […]

続きを読む→

DNSサーバーの冗長化。複数フォワーダーを設定した場合のBind障害時挙動


DNSサーバーの設定をBindで行ったとき、 ルートヒントも設定も複数DNSサーバー指定できますし フォワーダーの設定も複数DNSサーバー指定できます 例えば、ルートヒントの障害時の挙動を確認することは難しいですが、 複 […]

続きを読む→

UDP通信の仕組み。返信パケットがある場合はどのポートに来るのか?戻り通信


TCP通信は一般的にコネクションが張られるので、通信の仕組みが理解しやすいのですがUDPについては一方通行で再送無しの印象が強く、どのようにパケットのやり取りをしているのか理解していない人も多いのではないでしょうか? 復 […]

続きを読む→

DNSの逆引きもフォワーダーに再帰問い合わせされるのか?Bindのnamed


DNSのnamed.confにフォワーダー設定を行ったときに、マスターゾーンがなければ正引きだけでなく逆引きでもフォワーダーに再帰問い合わせしてくれるのでしょうか?   環境・前提状況 CentOS Linux […]

続きを読む→

DNSフォワーダーでループする?DNSサーバーでフォワードをお互いに設定すると


DNSサーバーAとDNSサーバーBに対し DNSサーバーAのフォワーダーをDNSサーバーBに設定 DNSサーバーBのフォワーダーをDNSサーバーAに設定し DNSサーバーAにフォワードするDNSクエリを問い合わせたら、フ […]

続きを読む→

DHCPリレーでクライアントMACアドレスによる決まったIPアドレス配布が出来るか?


DHCPは、DHCPクライアントから「DHCPディスカバー」というブロードキャストパケットからスタートする。つまり、ブロードキャストが届かないL2ネットワークを超えた範囲では、普通にDHCPサーバーからIPアドレスを配布 […]

続きを読む→