カテゴリー別アーカイブ: Windows Server

Windowsでファイル名検索コマンド。ファイルパスと日付を一行で出力表示できる


windowsで ファイル名検索や ファイルパスと最終更新日付 ファイルサイズ を一行で出力表示させようとすると、なかなか困ったものです。 powershellで無くても、コマンドプロンプトのコマンドでLinuxのように […]

続きを読む→

Windows Server 2016ではWSUSに認識させるwuaucltコマンドが使え無い。クライアントが表示されない


Windows Server 2016をWSUSサーバーに登録させようとしてwuaucltコマンドを使用していたが、何度実行しても、WSUSサーバーにWindows Server 2016が登録されませんでした。実は、W […]

続きを読む→

リモートデスクトップ(RDS)に新規接続させないようにする方法は?受付停止コマンド


接続ブローカーやセッションホストといったRDS構成を構築した時に、セッションホストに対しリモートデスクトップもしくはRemoteAppの新規接続を止める方法が無いと、セッションホストのメンテナンスが出来ません。 セッショ […]

続きを読む→

リモートデスクトップ(RDS)にログオンしているセッションやユーザーを知るコマンドは?


RDS(リモートデスクトップサーバーやRemoteAppサーバー)にログオンしているユーザーやセッション数を知るためのコマンドは何だったでしょうか?ログオンしているユーザーもしくはセッション数を知るためのコマンドがありま […]

続きを読む→

RDSでrdpファイルを実行すると不明な発行元からのポップアップが表示されてしまう


RDS環境を作成し、クライアントPCでremote appのrdpファイルをダウンロードしてきて実行しようとすると、以下のような警告のポップアップが出てしまいます。 「このリモート接続の発行元を識別できません。接続します […]

続きを読む→

AWS環境でドメイン参加するとNTPのType設定がAllsyncになってしまう。windows server 2016


通常、ドメイン参加すると、メンバーサーバーはNTPのType設定はNT5DSになります。しかし、AWS上でADメンバーサーバーを構築したところ、NTPの設定を確認したら、NT5DSではなくAllsyncとなっていました。 […]

続きを読む→

Windowsドメインにキャッシュログオンしているか確認するコマンド方法


Windowsのドメインユーザーでログオンした時に、それが ADでログオンできているのか キャッシュログオンしているのか 確認したい時があります。ADにキャッシュログオンしているか、していないか確認するコマンドを紹介しま […]

続きを読む→

Windowsで自己署名証明書を作成方法。有効期間を1年以上(5年や10年)で


推奨されるものではないですが、一年以上の長期有効期限の自己署名証明書(通称オレオレ証明書)を RDS(リモートデスクトップサービス)や IISのhttps Webサイトで 使用したくなることがります。 LinuxではOp […]

続きを読む→

Linuxのsshdを利用してWindows RDP(リモートデスクトップ)にVPN接続する方法


Linuxのsshdは、実はSSH転送という機能がありまして、DMZにsshd接続できるLinuxサーバーがあれば、内部のWindowsサーバーにVPN接続のようなSSH転送という接続が出来るのをご存知でしょうか? VP […]

続きを読む→