カテゴリー別アーカイブ: Windows Server

AD参加したファイルサーバとワークグループのPCからのアクセス


ワークグループのPCから、AD参加したファイルサーバーにアクセスしたいです。しかし、ワークグループのPCはADに参加していないので、DNS設定はADサーバを向いていません。 仮に、ワークグループのPCがADサーバと通信出 […]

続きを読む→

リモートデスクトップサービスをAD無しで構築できるのか?ワークグループ


Windows ServerのRDS(リモートデスクトップサービス)は一般的に、AD(Active Directory)環境でないと構築できないと聞いたことがありますが、実際に試して確認してみました。 前提条件・環境 W […]

続きを読む→

セキュリティIDを解決出来ませんでした。AWS上のAD参加サーバーで注意点


AWS上で、WindowsのAD(Active Directory)に参加したサーバーを扱う時には、注意点がります。意外と気が付かずトラブルになってしまうケースがありますので、AWS上でAD参加サーバーは一律で今回の対策 […]

続きを読む→

サポート期限切れのWindowsサーバー(windows server 2008)がクラウドで使用出来ない理由


Windows Server 2008が2020年1月にマイクロソフトのサポート期限切れとなりましたね。2020年1月までは、Windows server 2008のサポート期限切れ対応で、リプレース等の案件が多かったで […]

続きを読む→

Windowsの仮想メモリはページングファイルのサイズを自動的に管理する設定の場合どれくらいまでディスクを消費するか?


最近、低コストでメモリも入手できるようになりましたので、あまり仮想メモリのサイズを気にしなくなっては来ましたが、Windowsデフォルト設定の すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する といった、仮 […]

続きを読む→

Windows ADサーバーのLDAPS有効化の構築方法


Windows ServerのADには、LDAPサービスが動いています。ADV190023の問題から、LDAPSの有効化が少し話題になっていますが、Windows ADサーバーのLDAPサーバーの通信を暗号化させるLDA […]

続きを読む→

ldapにログイン(バインド)する時にパスワードは平文でネットワークに流れてしまうのか?


LDAPのセキュリティの話です。WindowsのADサーバーのLDAPサービスは、LDAPでログインしないと使えません。このLDAPサーバーにログインすることを、LDAPでは「バインド」と言います。LDAPサーバーにバイ […]

続きを読む→

LDAPS通信のSSL証明書やその有効期限を確認する方法


httpsならばブラウザからSSL証明書を見て、証明書の有効期限を確認できますね。しかし、LDAPS等はSSL証明書を使用していることがわかっていますが、SSL証明書やその有効期限を調べたり確認することはブラウザでは出来 […]

続きを読む→

AWSのT系インスタンスでCPUクレジットを使い切ってみる


AWSのT系インスタンスは、普通のインスタンスとは少し異なります、癖があります。そのため、 外部要因で不可状況が予想しずらい 一般公開され性能制限した時のユーザーイメージが悪い場合 は、T系インスタンスは避けた方が良いか […]

続きを読む→