wwwなしドメイン名でDNSにCNAMEレコード登録できる?

最終更新日付: 2021年1月22日

webサーバーのURLを見ていますと、

  • wwwありのURLと
  • wwwなしのURL

が存在します。
例えば、このサイトを例にとりますと、

  • www.putise.comと
  • putise.com

の二つのURLです。
wwwなしの「putise.com」でドメインのレコード登録したい時、CNAMEは使えるのでしょうか?

wwwなしのホスト名が付かないのドメイン名レコード「ネイキッドドメイン」

例えば、このblog.putise.comのサイトのドメインは、putise.comです。
このホスト名が付かないputise.comのレコードの事を

  • 「ネイキッドドメイン」とか
  • 「APEXドメイン(エイペックスドメイン)」

と言います。

ネイキッドは、英語で「naked」で「裸の」とか「むき出しの」という意味で、
エイペックスは、英語で「APEX」で「頂点」という意味です。
両方とも、英語が言わんとしている意味はわからなくは無いですね。

結論、注意!wwwなしのDNSレコードにCNAMEは登録は出来ない。

これは注意点です。

ネイキッドドメインのレコードとして、CNAMEは登録できません。

なぜネイキッドドメインにCNAMEは登録できないのか?RFC1912

ネイキッドドメインのレコードには、通常

  • NSレコードや
  • MXレコード

が存在しますが、
実は、RFCで「CNAMEレコードは、他のレコードと共存設定できない」という仕様が定義されているためです。

2.4 CNAME records

A CNAME record is not allowed to coexist with any other data. In
other words, if suzy.podunk.xx is an alias for sue.podunk.xx, you
can't also have an MX record for suzy.podunk.edu, or an A record, or
even a TXT record. Especially do not try to combine CNAMEs and NS
records like this!

RFC 1912 - Common DNS Operational and Configuration Errors

つまり、

  • putise.com でCNAMEレコードを登録すると
  • putise.comでNXレコードを登録できなくなる

ということになりますので、
逆をいいますとネイキッドドメインでのCNAMEレコードは許可されない(NSレコードやMXレコードが登録できなくなるから)ということです。

ネイキッドドメインのDNSレコードを登録するには?

ネイキッドドメインURLのwebサーバーは世の中にたくさんあります。
むしろ、URLの文字数が少なくなるので、ネイキッドドメインのwebサーバーの方が世の中には多い印象です。

ネイキッドドメインのwebサーバーを使用するには、DNSレコードとしてどのように登録すれば良いかといいますと、

ネイキッドドメインはAレコードでのIPアドレス登録

になります。
これなら、どんなドメインサービス(例えば、お名前.comとか)でも、たいていは設定可能です。

また、CNAME Flattening(Alias)機能つきDNSサービスというサービスを提供している会社も中にはあるそうです。
これは、RFC的にはNGですが、実際ネイキッドドメインにCNAMEのように登録でき、それでいてNSレコードやMXレコードと共存できる(DNSクライアント側にはAレコードのようにふるまう)ことが出来る機能です。

参考までに、AWSでは

AWSとかのELBやCloudFrontをwebサーバーとして使いたい場合は、
通常独自ドメインのDNSレコードはCNAMEで登録しなければならないので、AWS webサーバー環境でネイキッドドメインを使用したい場合はほとんどの場合はDNSサービスとしてRoute53を使用しないとならなくなります。
※ お名前.comとかですと、ネイキッドドメインにIPアドレス指定しなければならなくなるの、CNAME登録できないとAWSの冗長性や利便性が失われてしまうためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です