WindowsのRadiusサーバーNPS(ネットワークポリシーとアクセスサービス)構築方法

無線LANとWindows AD認証を連携したいときに、Radiusサーバーが必要になるのですが(IEEE802.1X)
Windowsの機能を利用して、Radiusサーバーを用意してみたいと思います。

それが

  • ネットワークポリシーとアクセスサービス(NPS)

です。

環境・前提条件

  • Windows server 2016

AD認証をするのでADサーバー上に構築してみました。(ADがダウンしていたらそもそもNPSは意味がなくなるため)

 

サーバーの役割と機能の追加からNPSをインストール方法

image

「サーバーマネージャー」の「役割と機能の追加ウィザード」から、サーバーの役割で

  • ネットワークポリシーとアクセスサービス

を選択します。

image

「機能の追加」ボタンを押します。

image

「次へ」ボタンを押します。

image

「インストール」ボタンを押します。

image

インストールされると、「サーバーマネージャー」の「ツール」上に、「ネットワークポリシーサーバー」というツールが表示されるようになります。
この「ネットワークポリシーサーバー」で管理します。

OSの再起動を促されませんでしたが、一度念のためOSを再起動します。

 

ネットワークポリシーサーバーツールを起動

image

なぜか、上記のような画面が出ますが、そのまま「OK」ボタンを押します。

image

こちらのNPS画面でNPSの設定をしていきます。
「Active Directoryサーバーの登録」なんかでAD連携できることがわかります。

image

AD連携しますので「Active Directoryサーバーの登録」をして「OK」ボタンを押します。

image

今回はインストールまでの紹介なので、以上で終わります。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です