Windowsのパッチ(KB)の適用一覧とインストール日を知る方法。コマンドで

Windows Updateで行われるパッチ当てのKB一覧を知りつつ
そのパッチを適用したインストール日を知る方法を紹介します。

環境・前提条件

以下は

  • Windows Server 2012 R2
  • Windows 7
  • (Windows10)

で確認しています

PowerShellでWindows Updateパッチ適用確認コマンド「Get-HotFix」(windows10)

こちらはWindows10で確認した、PowerShellでWindows Updateのパッチ適用状況を確認できるコマンドです。

Get-HotFix

コマンドは、簡単であり、わかり易いコマンド名で良いですよね
以下で紹介する別のコマンドでも同様ですが、全部のWindows Updateのぱって適用状況までは、わからず、条件は不明ですがどのコマンドで確認しても同じパッチ情報までしかわかりませんでした。

これは丁度、コントロールパネルの「インストールされた更新プログラム」の情報の個数と一致していましたので、アンインストールが可能なWindows Updateのパッチ適用情報しか得られないのだろうと思っています。

どうしてももっとたくさんのすべてのパッチ適用情報が欲しい場合は

PowerShellで関数を用意するれば出来なくは無いです。

Function Get-MicrosoftUpdates  
{   
  Param(  
        $NumberOfUpdates,  
        [switch]$all  
       )  
  $Session = New-Object -ComObject Microsoft.Update.Session  
  $Searcher = $Session.CreateUpdateSearcher()  
  if($all)  
    {  
      $HistoryCount = $Searcher.GetTotalHistoryCount()  
      $Searcher.QueryHistory(1,$HistoryCount)  
    }  
  Else { $Searcher.QueryHistory(1,$NumberOfUpdates) }  
} # Get-MicrosoftUpdates 関数の終わり  

詳細は以下の、マイクロソフトのサイトを参照してください。

こちらのPowershell関数をps1ファイルで用意するか、もしくは実際に入力し、

Get-MicrosoftUpdates -all

を実施すれば、すべてのWindows Updateのパッチ適用結果の出力を得ることが出来ます。

なぜか、「-all」といったオプションを付けないとエラーになります。

こちらの関数では1903といった、Windows10の機能更新プログラム適用状況も確認できます。

コマンドプロンプトでのWindows Updateパッチ適用確認コマンド

KB一覧だけ知りたい場合は「systeminfo」コマンド

image

コマンドプロンプトで「systeminfo」を実行すると、システム情報と一緒にKB一覧も出力されます。
ただ、この方法ではインストール日が分からないんですよね。

コマンドでWindowsパッチ適用日を知る「wmic qfe list」

image

wmicを使用してwmiから情報を出力するコマンドが以下です

wmic qfe list

これは便利ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です