タグ別アーカイブ: コマンドプロンプト

Windowsのnslookupでレコード単位のTTLを確認する方法。DNSの詳細通信


LinuxのDNSコマンドにはdigが存在し、レコード単位のTTLまでわかるのですが Windowsではそこまでわかりません(SOA情報はわかりますが)。 Windowsでレコード単位のTTLを確認する方法はないのでしょ […]

続きを読む→

CドライブをWindows標準コマンドcipherで実行できるのか?データ完全消去


パソコンの破棄や手放す前にはハードディスクは完全に消去したいですよね。 破棄ならばハードディスクの物理破壊がベストですが、譲る等の手放す場合は、そうもいきません。 そこでWindows標準コマンド「cipher」を実行し […]

続きを読む→

Windowsのパッチ(KB)の適用一覧とインストール日を知る方法。コマンドで


Windows Updateで行われるパッチ当てのKB一覧を知りつつそのパッチを適用したインストール日を知る方法を紹介します。 環境・前提条件 以下は Windows Server 2012 R2 Windows 7 で […]

続きを読む→

不要で見えないデバイスドライバの削除方法


Windows7をWindows10にアップグレードしようとした時に、 Windows7にインストールされていた「Air Display」がWindows10と互換性がなくアップグレード出来ませんでした。 なので、「Ai […]

続きを読む→

Windowsのネットワーク資格情報(ユーザー名・パスワード)を記憶させる方法。コマンドもある


Windowsでネットワークアクセスした時の インターネットまたはネットワークのアドレス ユーザー名 パスワード を記憶させておくことが出来ます。それを「Windows資格情報」というのですが、Windows資格情報でユ […]

続きを読む→

バッチファイル連携に使える”シグナル”を待つWindowsコマンド。別のバッチファイルからの連絡を待つ事が出来る


Linuxには”シグナル”を受け取るtrapというコマンドがあったり、シグナルを送信するkillコマンドがありますが、今までWindowsには存在しませんでした。最近、Windowsの標準コマンドプロンプトでもシグナルを […]

続きを読む→

Windowsをルーター化させる方法。サーバー・パソコンでWindowsルータ構築


Windowsをルータ化させる方法をご紹介します。複雑なルーティングを設定することは難しいが(特に管理が)簡単なルーターならばWindowsでも構築できます。 環境・前提条件 Windows である NICを複数持ってい […]

続きを読む→

windowsのバックアップやファイルサーバー移行にオススメな標準コマンド「robocopy」の使い方、オプション説明


robocopyというコマンドをご存知でしょうか?大量のファイルのコピーやバックアップに適したWindows標準のコマンドです。Windows管理者(特にファイルサーバー管理者)は絶対に覚えておいた方が良いコマンドですね […]

続きを読む→

Windowsで一定期間経過した古いファイルを自動削除するコマンドは?コマンドプロンプト標準コマンドがある


「Windows で毎日一回ログを出力しているが、一定期間経過したログファイルは削除していきたい・・・」そういったケースがあると思います。以前、Windows Server 2003の時は、上記のような削除は標準コマンド […]

続きを読む→

バッチファイル処理でリモートサーバーのコマンド操作を実行させる方法。標準コマンドschtasks


サーバー連携がある処理は、可能ならばシーケンシャルに処理が進むように、一つのバッチファイルで実行出来たら良いですよね。例えば、 APサーバーのサービスを停止して DBサーバーのサービスを停止する といったリモートサーバー […]

続きを読む→