squidの503エラーはDNS名前解決出来なかった時も含む

Proxyサーバー(squid)が、Proxyとして利用不可になりました。
Squidのアクセスログを確認しますと、httpステータスコード

503 (Service Unavailable)

が出ていました。
いわゆるProxyサーバー内部エラーです。

環境・前提条件

  • redhat 8
  • squid

上記、Proxyサーバーを経由したパソコン上でのインターネットアクセスで503エラー発生。

結論、httpエラーレスポンスコード503はProxyサーバー上でのDNS名前解決出来なかった場合でも発生

過去のSquidアクセスログから、503エラーがSquidサーバー上での名前解決が出来なかったエラーかどうかは、環境的に追えませんでした、

Proxyサーバーを設定しているパソコン上で、存在しないURLにhttpアクセスをすると、503エラーが帰ってきました。

これは、503エラーの中に、Proxyサーバー上でのDNS名前解決エラーも含まれている

証明

になりました。

【参考】LinuxはキャッシュするDNSクライアントがない

Linuxは一般的に、
Windowsの「DNS Client」サービスのように、DNSレコードを統合的にキャッシュするサービスが存在しません。

なので、毎回DNSへ名前解決しに行きます。

DNSサーバーが反応しなかった時間帯だけ、Proxyは503エラーとなります。

squidの503エラーはDNS名前解決出来なかった時も含む」への2件のフィードバック

    1. プチSE 投稿作成者

      >とむさん

      i-Filterと連携していたら、より複雑になり
      ドハマリするかもしれませんね^^;

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です