RDS(Windowsリモートデスクトップ)の一般的エラーや動作

Windowsのリモートデスクトップサービス(RDS)環境での、

  • 一般的なエラーや、
  • 重複ユーザーで接続した場合の動作・挙動を

まとめたいと思います。

環境・前提条件

  • Windows Server 2019 AD
  • Windows Server 2016 RDS(RDweb、接続ブローカー、セッションホスト、ライセンスサーバー)

というWindows Server 2016ベースの環境で動作を確認しています。

同じユーザー(重複ユーザー)で同時にRDS接続した場合の動作

例えば、

  • パソコンAからADユーザーAでRDS接続中に(RDweb接続中だけでは無く、公開アプリ接続中です)
  • パソコンBからADユーザーAでRDS接続した場合(公開アプリ接続時)

の動作です。
こちらはRDSの設計・設定によって動作がわかれます。

「リモートデスクチップサービスユーザーに対してリモートデスクトップサービスセッションを1つに制限する」有効の場合

RDSのグループポリシーで、上記「リモートデスクチップサービスユーザーに対してリモートデスクトップサービスセッションを1つに制限する」設定が有効にしてある設計の場合、

パソコンA側では「リモートデスクトップサービスセッションが終了しました」のエラー画面が表示されます。(上の上の画像)

そして、パソコンB側でユーザーAがログオンします。

厳密に言いますと、RDwebの画面は、パソコンAでもパソコンBでもユーザーAでログイン出来ますが、公開アプリを起動したタイミングで上記挙動となります。

「リモートデスクチップサービスユーザーに対してリモートデスクトップサービスセッションを1つに制限する」無効の場合

逆に、RDSのグループポリシーで、上記「リモートデスクチップサービスユーザーに対してリモートデスクトップサービスセッションを1つに制限する」設定が無効にしてある設計の場合、

パソコンA側でも、パソコンB側でも同時に重複した同じユーザーAでログオンできます。

同じユーザーAで別のパソコンで公開アプリが動きます。

RDweb画面上に「このコンピューターを使っている別のユーザーが、現在この接続を使用しています」エラー

例えば、

  • パソコンAからADユーザーAでRDS接続中に(公開アプリ接続中)
  • パソコンA上でブラウザ(RDweb画面)のみ閉じ
  • 再びパソコンA上でブラウザ(RDweb画面)で別のユーザーBでサインイン

した時に、

「このコンピューターを使っている別のユーザーが、現在この接続を使用しています。そのユーザーが切断するまで、ログオンすることはできません。」

というエラーメッセージが出来、サインインできません。
これは、厳密にはユーザーAの公開アプリを閉じたとしても、裏でセッションが維持されている時間の間、上記エラーとなります。

回避する方法

こちらは、ユーザーAのセッションをちゃんと切断する(ログオフ)すればユーザーBでサインインできるようになります。

  • ユーザー側でちゃんとログオフするか、
  • RDS管理者側に切断してもらうか、
  • 自然に切断される時間が経つのを待つか

の3択になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です