IISのエラーログはどこにあるのか?エラーログの出力パス。

最終更新日付: 2021年2月2日

WindowsでIISを使用する時に、アクセスログは意識しますが、エラーログは意外と意識しないケースが多いです。
いったい、IISのエラーログはどこのフォルダパスに出力されているのでしょうか?

環境・前提条件

今回は

  • Windows Server 2012 R2
  • IIS8

で確認しました。


IISのアクセスログの出力パスは

以下です。

  • アクセスログパス:C:\inetpub\logs\LogFiles\W3SVC1\u_ex%y%m%d.log

例えば、LinuxのApacheの場合は

  • アクセスログパス:/var/log/httpd/access_log
  • エラーログパス:/var/log/httpd/error_log

と、アクセスログとエラーログが同じフォルダにあるのですが、
IISのエラーログはアクセスログのフォルダパスとは同じ場所には出力されていません。

IISのエラーログはどこにあるのでしょうか?

結論、C:\Windows\System32\LogFiles\HTTPERR\httperr1.log

image

IISのエラーログは、

  • エラーログパス:C:\Windows\System32\LogFiles\HTTPERR\httperr1.log

にあります。

IISエラーログに書かれている内容は?

image

IISのアクセスログのようなフィールドベースでエラーログは記載されています。

記載されているフィールドは

  • date
  • time
  • c-ip
  • c-port
  • s-ip
  • s-port
  • cs-version
  • cs-method
  • cs-uri
  • sc-status
  • s-siteid
  • s-reason
  • s-queuename

「s-reason」にURLアクセスに対する何かエラーヒントが隠れているかもですね。

エラーログの詳細については、以下のマイクロソフトのサイトが参考になります。

HTTP Api でのエラーログ - ASP.NET | Microsoft Docs

IISのエラーログはどこにあるのか?エラーログの出力パス。」への4件のフィードバック

  1. はらぴー

    なら、これも書いておくべきでしょうね。
    https://support.microsoft.com/ja-jp/help/820729/error-logging-in-http-apis
    IISのアクセスログは普通にIISマネージャから設定できますが、エラーログは上記のとおりレジストリでの変更となるとはいえ、変更しておいた(どこかにまとめといた)ほうがわかりやすいし管理しやすいですからね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です