DHCPクライアントがIPアドレス取得時間をログから知る方法

Windows のパソコンもしくはサーバーで、DHCPクライアントを使用していたときに、

DHCPクライアント側端末で、DHCPサーバーからIPアドレスが割り振られた時間を知るには、どのログを見ればわかるのでしょうか?

DHCPクライアントのログについて紹介します。

環境・前提条件

今回のテスト環境は、DHCPが標準で使われているAWS上での確認です。

  • AWS EC2
  • Windows Server 2019

で、Windows OSが起動してから、正確にどの時間タイミングにDHCPサーバーからIPアドレスが適用されたかを確認したい状況でした。

結論、イベントログの「アプリケーションとサービスログ」からわかる

Windowsのイベントログの

「アプリケーションとサービスログ」-「Microsoft」-「Windows」-「Dhcp-client」

の下に、

Microsoft-Windows-DHCP client Events/Operational

というログがあり、この中に、DHCPサーバーからIPアドレスが割り振られた時間等、DHCPクライアントの詳細なログ情報があります。

ただし、デフォルトで有効になっていない

ただし、「Microsoft-Windows-DHCP client Events/Operational」は、Windows標準インストールのデフォルト状態では、ログが有効になっていません。

「Microsoft-Windows-DHCP client Events/Operational」を右クリックし「ログの有効化」をすれば、再起動要求なしにログの有効化出来ます。

ログを有効にしても、イベントログサイズが膨れ上がることはないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。