Ciscoスイッチのリンクアグリ(ポートチャネル)でどの物理ポートを通って通信しているか知る方法

最終更新日付: 2020年10月3日

複数の物理ポートをイーサチャネルで束ね、ポートチャネルを作ります。
通信が複数の物理ポートを使用し、設定されたロードバランスアルゴリズムを使用して、一つの通信が流れているのですが、、、
実際どの物理ポートを通って通信しているのか知るすべは無いのでしょうか?

image

上の図で、Catalyst6500からCatalyst2950へ渡るに、複数のLANケーブル(=線)があるわけですが、、、
どのLANケーブル(=線)を通って渡っているのか知る方法ということです。

testコマンドでロードバランスアルゴリズムをエミュレート出来る!

image

実際、どの物理ポート(=LANケーブル)を通って通信しているのかは確認できないのですが、、、
「test」コマンドでエミュレーション(チェック)する事が出来ます。

理論上、今回のポートチャネル設定ではロードバランスアルゴリズムからこちらの物理ポートを使用して通信するハズ

ということを確認出来るコマンドです。

> enable
# test etherchannel load-balance interface port-channel 1 ip 192.168.1.1 172.16.1.1
Would select Gi3/1 of Po1

testコマンドは特権モード(enable)出ないと実行できませんでした。
※ すみません今回の記事は、自分で試した事は無く、今度試してみたいというメモです。

参考情報:

  • Catalyst スイッチでの EtherChannel のロード バランシングと冗長性について - Cisco Systems (http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/100/1008/1008514_4-j.html リンク切れ)
  • Catalyst 6500、4500、および 3750 シリーズ スイッチ EtherChannel ロードバランシング - Cisco Systems (http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/111/1119/1119691_116385-technote-etherchannel-00.html リンク切れ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です