AWS Elastic Beanstalkの設定画面。始め方

AWSのElastic Beanstalkを始める場合の、設定画面の遷移を記録したいと思います。

まずはAWS Elastic Beanstalk を「今すぐ始める」

「今すぐ始める」ボタンを押します。

アプリケーション名を選びプラットフォームの決定

  • アプリケーション名
  • アプリケーションタグ
  • プラットフォーム
  • アプリケーションコード

を設定できます。
下の「より多くのオプションの設定」を選択します。

より多くのオプションの設定

Beanstalkの初期構築設定として、

  • ソフトウェア
  • インスタンス (インスタンスタイプ、SG)
  • 容量 (Auto Scalingグループ)
  • ロードバランサー
  • ローリング更新とデプロイ
  • セキュリティ (サービスロール、キーペア)
  • モニタリング
  • 管理された更新
  • 通知
  • ネットワーク (VPC)
  • データベース
  • タグ

が設定できます。

ロードバランサーの変更

デフォルトはCLBですが、ALBやNLBも選択可能です。

ローリング更新とデプロイの変更

アプリケーションのデプロイで、デプロイ麺とポリシーは

  • 1回にすべて
  • ローリング
  • 追加バッチとローリング

があります。

設定の更新としては

  • 無効
  • ヘルスにもとづくローリング
  • 時間にもとずくローリング

が設定できます。
ここら辺はデプロイ方式として重要な選択になりますね。

データベースの更新

実稼働環境では、インスタンスを外部データベースに接続する設定がお勧めです。
最後に、「アプリケーションの作成」ボタンを押します。

この初期環境構築に、数分かかります。

これで、Beanstalkの初期環境の完成です。ここから必要ならばアプリケーションコードでカスタマイズと化していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です