ADドメインコントローラとRDS接続ブローカーは同居(共存)出来る?

  • ADのドメインコントローラーと
  • RDSサービスが

同一サーバー上にインストール(同居・共存)出来るのか?という件の確認をしました。
実は、Windows Server 2012の時は、ADドメインコントローラーと何故かRDS接続ブローカーのみ同居・共存出来ませんでしたので、それ以降の確認です。

環境・前提条件

  • Windows Server 2016

でADドメインコントローラーサーバー上に、RDSサービス一式(Webアクセス、接続ブローカー、セッションホスト)がインストールできるのかを確認しました。

結論、Windows Server 2016ではADサーバー上RDS接続ブローカーも共存インストール出来る

上記画像の、ad01はドメインコントローラーサーバーになります。
ドメインコントローラーサーバー上に、「リモートデスクトップサービス」のサーバーの役割のインストールも出来ましたし

役割ち機能の追加のウィザードで、RDS接続ブローカーも追加できました。
ウィザードだけでなく、実際にRDS接続も可能でした。

Windows Server 2012のADサーバ上にRD 接続ブローカー (RDB)がインストール出来なかったのは、実はバグ

Windows Server 2012のみADサーバー上にRDS接続ブローカーをインストールしようとしたところ、インストールウィザードでエラーとなるのは、
実はただのバグでした。

KBのWindowsパッチを適用することにより、Windows server 2012のADサーバー上でもRDS接続ブローカーを共存インストール可能とのこと。

つまり、どのWindowsバージョンでも、ADサーバー上にRDSサービスは共存インストール可能でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です