リモートデスクトップで接続時に証明書エラー画面を表示させない方法

リモートデスクトップで、サーバーに接続すると、
パスワードの入力画面の後に、

  • このリモートコンピューターのIDを識別できません。接続しますか?

の画面(ポップアップ)が一画面表示されます。

image

リモートデスクトップでもサーバー証明書を使用し通信が暗号化されており、
この画面は、証明書エラーで「この証明書は信頼された認証機関からのものではありません」という証明書の仕組み的には信頼できないサーバーであることを意味する画面になります。

このリモートデスクトップ接続時の証明書エラーを表示させなくする方法はないのでしょうか?

環境・前提条件

今回は

  • Windows 7 (ドメイン参加)クライアントから
  • Windows Server 2016 (ドメイン未参加)サーバーへ

リモートデスクトップ接続した時の環境で説明します。

結論、リモートデスクトップ接続時に表示される自己証明書(オレオレ証明書)をクライアントにインポートする

image

証明書の情報にありますように、

  • 信頼を有効にするにはこの証明書を信頼されたルート証明書機関のストアにインストールする

必要があります。

手順1、証明書のエクスポートをする

image

証明書の「詳細」タブから、「ファイルのコピー」ボタンを押します。

image

エクスポートウィーザードを進めます。「次へ」ボタンを押します。

image

デフォルトのまま「次へ」ボタンを押し、

image

エクスポートするCERファイル名を指定し、「次へ」ボタンを押します。

image

最後に、「完了」ボタンを押すと、ファイルにエクスポートされます。

手順2、証明書のインポート

手順1でファイルにエクスポートしたCERファイルをインポートします。

「スタート」メニューから「プログラムとファイルの検索」に

  • mmc

と入力し、Enterキーを押します。
mmcのコンソール画面のメニュー「ファイル」から「スナップインの追加と削除」を選択します。
左画面の「利用できるスナップイン」から「証明書」を選び、真ん中の「追加」ボタンを押します。
証明書のスナップインとしては「コンピューター アカウント」を選択し、「完了」ボタンを押します。

image

「証明書(ローカルコンピューター)」の「信頼されたルート証明機関」の「証明書」を右クリックし
「すべてのタスク」から「インポート」を押します。

image

「次へ」ボタンを押します。

image

「参照」ボタンから、先ほどエクスポートしたCERファイルを選択し
「次へ」ボタンを押します。

image

証明書ストアとして、「信頼されたルート証明機関」が選択されていることを確認し、
「次へ」ボタンを押します。

image

「完了」ボタンを押します。

確認ポイント1、コンピュータ名でのリモートデスクトップアクセス

証明書に書かれている名前とIPアドレスで名前解決ができる事を確認してください(DNSもしくはhosts)。
サーバー証明書は、証明書にあるコンピュータ名でアクセスしないと証明書の効果がありませんので、
例えば、IPアドレスでリモートデスクトップ接続してしまうと、

image

上記のように

  • この証明書にあるサーバー名が正しくありません。

というメッセージが出て、やはり証明書エラーとなってしまいます。

確認ポイント2、信頼されたルート証明機関に証明書があるか確認

image

ローカルコンピュータの証明書の「信頼されたルート証明機関」の証明書ストアに
先ほどインポートしたコンピュータの証明書があることを確認してください。

証明書の目的としては、オレオレ証明書の場合は「サーバー証明書」になってしまいますね。

以上で、もう一度、証明書に書かれているコンピュータ名でリモートデスクトップ接続してみてください。
証明書エラーは出力されてなくなっていると思います。

失敗談。証明書のインストールを「証明書の種類に基づいて、自動的に証明書ストアを選択する」でインストールしてしまうと

image

「証明書のインストール」ボタンからリモートデスクトップ接続の証明書を
「証明書の種類に基づいて、自動的に証明書ストアを選択する」でインストールしてしまうと

image

証明書としては、現在のユーザーの中間証明機関のストアにインストールされてしまいます
残念ながらこれでは、リモートデスクトップ接続時の証明書エラーの表示はなくなりません。(失敗)

image

失敗から復旧するには、インストールした証明書を選択し、
右クリックから「削除」を実行してください。

※ 誤って違う証明書を削除しないように注意してください。

サーバーのリモートデスクトップ時の証明書の中身を詳しく見てみる

image

サーバーへリモートデスクトップ接続時にパスワードを求められた後の、上記画面で
「証明書の表示」ボタンを押します。

すると以下のような画面(証明書)が表示されます。

image

通常のサーバーの場合(証明書の設定を何もしていないサーバーの場合)、自己証明書(通称オレオレ証明書)を使用しています。
なので、「発行先」と「発行者」は同一で自分自身サーバーになっています。

image

「証明のパス」についても、多段になっておらず(証明機関が存在していない)
自分自身のサーバー名しか入っていません。自分で、自分自身の証明をしているので、これがいわゆる自己証明書(オレオレ証明書)と言われます。

※ サーバーを証明する証明機関(第三者機関)が入っている場合は、「証明のパス」は多段で表示されます。

リモートデスクトップ接続後の鍵マークとは?意味合い

image

リモートデスクトップ接続後の鍵マークがある場合も、リモートデスクトップの証明書が見れます。
リモートデスクトップ画面に、

  • 鍵マークがあるか
  • 鍵マークがないか

の違いについては、証明書が信頼出来るかどうか(「信頼されたルート証明機関」に有る、無いか)で表示が変わり、リモートデスクトップ接続に鍵マークが有る場合は、信頼された証明書の場合になります。

以上、リモートデスクトップの証明書エラーの話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です