ドメインコントローラー昇格コマンドのdcpromoは今?Windows DC作成方法

私の時代は、Windowsのドメインコントローラ作成コマンドと言えば、有名なあのコマンド

  • dcpromo

でした。

あのコマンドは今、どうなっているのでしょうか?
Windowsでドメインコントローラを作成してみました。

 

環境・前提条件

  • Windows Server 2012 R2

とりあえず、私の環境的に確認しやすかったWindows Serverで確認しました。

image

 

結論、dcpromoコマンドは存在していたが機能はサーバーマネージャに移動されました

image

実行してみた結果、未だにdcpromoコマンドは存在していたんですね!根強いです笑

しかし、存在しているだけで、コマンドの中身は上記画面ように案内が出てサーバーマネージャーが起動するだけのexeでした。

今はドメインコントローラーに昇格するにはサーバーマネージャーから

image

今はドメインコントローラーに昇格するにはサーバーマネージャーから実行するんですね。
サーバーマネージャーの「役割と機能の追加ウィザード」からたくさんあるActive Directory関連の役割から

  • Active Directory ドメインサービス

役割を選択し、ドメインコントローラーに昇格させていきます。

 

ちなみにドメインコントローラー周りのサポートツールは今?

image

以前はサポートツールとして、ドメインコントローラーのCドライブの中からインストールしていたADサポートツール軍も、
そのインストール方法は変わっており、Windowsサーバーの場合は「役割と機能の追加」から「機能」としての追加方法となりました。

image

以上、あの有名コマンドは今?でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です