デフォルトVPCを削除すると問題が起きるのか?

どうやら2014年くらいまでは、デフォルトVPCを削除してしまうと問題が起き、また再作成にはAWSサポートにお願いをしないと再作成も出来なかったらしい。
2019年の今でもデフォルトVPCを削除するとAWS運用に問題が起きるのでしょか?

結論、デフォルトVPCを削除しても基本的には問題は起きない。

AWSもやはり進化しているんですね。
AWSサポートに「デフォルトVPCを削除してしまった場合、何か問題が発生することがあるか?」と問い合わせた所、

「デフォルトVPCを削除してしまっても問題が発生することは無い」

との回答でした。

また何かあっても自分でデフォルトVPCを再作成可能

また、昔はデフォルトVPCを削除してしまった場合、再作成をするのにAWSサポートに問い合わせ、AWSサポートで再作成をしてもらう必要があったようなのですが、
今現在は、自分でデフォルトVPCを再作成できます。
ただし、デフォルト


デフォルトVPCの作成には、上のウィザード程度(「作成」「閉じる」)で、デフォルトVPCの作成にには細かいVPCの設定は出来ません。
CIDRも結局決め打ちの「172.31.0.0.16」になります。

デフォルトVPCの削除方法

デフォルトVPCを選択し、右クリックから「Delete VPC」をクリックします。

デフォルトVPCの削除に同意するチェックボックスにチェックし、「Delete VPC」ボタンを押します。

最後に「close」ボタンを押し、削除完了です。

削除しても問題ないと思っていたデフォルトVPCですがElastic Beanstalkには問題が出た

AWSサポートから削除しても問題は無いと聞いていたデフォルトVPCでしたが、基本的には問題はないのですが・・・
Elastic Beanstalkを利用しようとしたら問題が出ました。

設定の検証
Configuration validation exception: Your region does not have a default VPC. You might have deleted it. When you create a load-balanced environment without a specified VPC, Elastic Beanstalk requires your region to have a default VPC.

BeanstalkはデフォルトVPCが無いと使用できないかと思ったのですが・・・
デフォルトVPC以外のVPCも選択できました。

デフォルトVPCが無くても、問題になったことは今のところありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です