AWSで日本語版Windowsサーバーを構築する方法。初心者でもわかる!

AWS上で日本語版のWindows Serverを構築する方法を紹介します。
普通にやってしまうと、英語版のWindows Serverと成ってしまうので注意して下さい

AWSで日本語版Windowsサーバーを構築する方法

昔は英語版のWindows Serverを日本語版に変更していたんですけど
最近は、日本語版のAMI(アマゾンマシンイメージ)が提供されていますので、こちらを選択して日本語版Windows Serverのインスタンスを構築します。

1、EC2画面へ移動

image

アマゾンウェブサービスのAWSトップ画面から「EC2」をクリックします

2、インスタンスの作成

image

EC2ダッシュボード画面から「インスタンスの作成」ボタンを押します

3、Amazonマシンイメージ(AMI)の選択。ポイント!

image

ここで注意!「クイックスタート」内のWindowsは英語版なので選択肢なしこと。

image

以下のように「コミュニティAMI」で「Windows Japan」と検索して出てきたAMIを選択します

image

選択のポイントは

image

  • 日本語であること(Japanese)
  • 日付が最新な事
  • Amazonから提供されているAMIであること

日付が最新の方がWindowsパッチがたくさん当たっていますので、最新の日付のものを選択した方が良いです。
また、提供元は正規な提供元であることを確認しておくべきです。

「選択」ボタンを押します

4、インスタンスタイプの選択

image

インスタンスタイプ(仮想マシンのスペック)を選択します。
高性能のインスタンスタイプほど、もちろん料金がかかります。

「確認と作成」ボタンを押します。

5、作成ボタンを押します

image

「作成」ボタンを押します。
これで日本語版のWindows Server構築完了です、簡単ですね!

ただ、インスタンスの詳細設定をする場合はもう少し手順が複雑です。

AWSインスタンスの詳細設定

これはWindowsだろうがLinuxだろうがOSタイプには依存しない設定です。
ネットワークとかセキュリティグループとか細かい全体設計に近いですね。

・インスタンスの詳細設定画面

image

VPCネットワークやサブネットの設定が出来ます
また、DHCPでローカルIPアドレスを固定する設定も出来ます

・ストレージの追加画面

image

ストレージ容量を増やしたり出来ます。

・インスタンスのタグ付け

image

何十個とインスタンスを管理する場合は、タグをつけるとインスタンスをグループ分けして管理するのに便利です。

・セキュリティグループの設定

image

セキュリティグループも後から設定できます。
Windowsはデフォルトで任意のIPアドレスからRDP接続が出来る設定になっています。ここも注意ポイントですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です