WindowsでISOファイルを標準機能で作成できる?

「Windowsの標準機能でISOファイルが作成できる」「PowerShellの標準コマンドでISOファイルが作成できる」そんな噂を聞きまして、聞いたり調べてみました。

実際は、半分ガセネタでしたけど、

調べたことをまとめます。

環境・前提条件

  • Windows 10や
  • Windows Server 2019

で調査しました。

PowershellでISOファイルが作成できる?

確認しましたところ、PowerShellにある標準コマンドでISOファイルは作成できませんでした。

情報の出どころは「マイクロソフトのスクリプトセンターで公開されていたサンプルプログラムを利用すればISOファイルの作成が出来る」ということでした。

しかし、今現在ではマイクロソフトのスクリプトセンターでも、公開されていない状態でした。

GitHubに同等のPowershellプログラムが公開されていましたので、リンクを紹介しますが、とても普通のユーザーには難解なもので、使用には自己責任で行う必要があります。

Functions/New-IsoFile.ps1 at master · SQLDBAWithABeard/Functions · GitHub

WindowsのGUI標準機能でISOファイルを作成できる?

残念ながら、こちらも今のところ出来ません。

Windows GUI標準機能で、

  • ISOファイルをマウントしたり(ISOファイルの中身をCDのように読み取れる)、
  • ISOファイルをディスクに書き込む

ことは可能なのですが、ISOファイルを作成することは出来ませんでした。

Widnows標準ではないがマイクロソフトが提供しているISOファイル作成コマンドOscdimg

Windows標準ではないですが、マイクロソフトが提供しているISOファイル作成コマンドがあります。

Oscdimg コマンド

です。

Oscdimgコマンドは、Windows ADK(アセスメント&デプロイメントキット)の中に含まれているコマンドになります。

Windows アセスメント & デプロイメント キット (Windows ADK) と Windows PE アドオンには、Windows イメージを大規模な展開向けにカスタマイズしたり、システム、追加コンポーネント、システムで実行されるアプリケーションの品質やパフォーマンスをテストしたりするために必要なツールが含まれています。 Windows ADK には次のものが含まれています。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/get-started/adk-install

「Windows PE、Sysprep などの展開ツールと、Windows 11 イメージのカスタマイズと展開に使用できるその他のツール」として、使われるマイクロソフトのツールですので、インストールされていて損はないでしょう。

1,Oscdimgコマンドのダウンロード

Windows ADKをダウンロードします。

今回は「Windows 11 バージョン 22H2」をWindows10にインストールしてみました。

2,Windows ADKのインストール

Windows ADKをインストールするパスを指定します。

「次へ」ボタンを押します。

「同意する」ボタンを押します。

oscdimgコマンドだけが欲しい場合は「Deployment Tools」だけ選択し、「インストール」ボタンを押します。

「閉じる」ボタンを押し、Windows ADKインストールの完了です。

3,oscdimgコマンドの使い方

コマンドパスがめちゃくちゃ深いですが、標準で以下にodcdimgコマンドがあります。

c:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\x86\Oscdimg

ISOファイルを作成するサンプルコマンド例としましては、

oscdimg -n -bC:\WinPE\etfsboot.com C:\WinPE\ISO C:\WinPE\recovery.iso

https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/1008/11/news106.html

こんな感じで、ISOファイルを作成できます。

  • -d 小文字のファイル名を大文字に変換しない。(オプションがないとファイル名が大文字化される)
  • -h 隠しファイルや隠しディレクトリを含める。
  • -k 開けないソースファイルがある場合でもイメージを作成する。
  • -n 長いファイル名が使用できる。(オプションがないと8文字を超えるファイル名は、8文字に短縮されてしまう)
  • -b ブートセクタとして使用するファイル

Oscdimg のコマンド ライン オプション | Microsoft Docs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。