カテゴリー別アーカイブ: Windows Server 2016

リモートデスクトップサービスをAD無しで構築できるのか?ワークグループ


Windows ServerのRDS(リモートデスクトップサービス)は一般的に、AD(Active Directory)環境でないと構築できないと聞いたことがありますが、実際に試して確認してみました。 前提条件・環境 W […]

続きを読む→

セキュリティIDを解決出来ませんでした。AWS上のAD参加サーバーで注意点


AWS上で、WindowsのAD(Active Directory)に参加したサーバーを扱う時には、注意点がります。意外と気が付かずトラブルになってしまうケースがありますので、AWS上でAD参加サーバーは一律で今回の対策 […]

続きを読む→

Windowsの仮想メモリはページングファイルのサイズを自動的に管理する設定の場合どれくらいまでディスクを消費するか?


最近、低コストでメモリも入手できるようになりましたので、あまり仮想メモリのサイズを気にしなくなっては来ましたが、Windowsデフォルト設定の すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する といった、仮 […]

続きを読む→

Windows ADサーバーのLDAPS有効化の構築方法


Windows ServerのADには、LDAPサービスが動いています。ADV190023の問題から、LDAPSの有効化が少し話題になっていますが、Windows ADサーバーのLDAPサーバーの通信を暗号化させるLDA […]

続きを読む→

AWSのT系インスタンスでCPUクレジットを使い切ってみる


AWSのT系インスタンスは、普通のインスタンスとは少し異なります、癖があります。そのため、 外部要因で不可状況が予想しずらい 一般公開され性能制限した時のユーザーイメージが悪い場合 は、T系インスタンスは避けた方が良いか […]

続きを読む→

ADドメインコントローラとRDS接続ブローカーは同居(共存)出来る?


ADのドメインコントローラーと RDSサービスが 同一サーバー上にインストール(同居・共存)出来るのか?という件の確認をしました。実は、Windows Server 2012の時は、ADドメインコントローラーと何故かRD […]

続きを読む→

ブルースクリーンのメモリダンプから原因を解析する方法。Windows


Windowsサーバーを運用していると、突然のブルースクリーンに見舞われることがあります。ブルースクリーンになると、メモリダンプという原因のヒントになるエラーになったメモリ状態をまるまる出力をしてくれますが、インフラSE […]

続きを読む→

OSがハングしたら自動再起動する設定AWS Cloudwatchアラームアクション


AWSのクラウドウォッチって便利ですね!クラウドウォッチのアラームを設定することで、AWS仮想ホスト障害時のオートリカバリだけでなく、AWS仮想ゲストハング時のEC2自動再起動もクラウドウォッチを使うだけで実現できます。

続きを読む→

InitializeInstance.ps1は何を実施しているのか?AWSでWindowsインスタンスタイプ変更


AWSで、例えばWindowsのインスタンスタイプを変更した時に、実施して欲しいと登場したりする、InitializeInstance.ps1スクリプトは、一体何を実施しているのでしょうか? 参考:インスタンスタイプを変 […]

続きを読む→