カテゴリー別アーカイブ: 証明書

Windows ADサーバーのLDAPS有効化の構築方法


Windows ServerのADには、LDAPサービスが動いています。ADV190023の問題から、LDAPSの有効化が少し話題になっていますが、Windows ADサーバーのLDAPサーバーの通信を暗号化させるLDA […]

続きを読む→

LDAPS通信のSSL証明書やその有効期限を確認する方法


httpsならばブラウザからSSL証明書を見て、証明書の有効期限を確認できますね。しかし、LDAPS等はSSL証明書を使用していることがわかっていますが、SSL証明書やその有効期限を調べたり確認することはブラウザでは出来 […]

続きを読む→

RDP接続時の「このリモートコンピューターのIDを識別できません。接続しますか?」警告画面を表示させない方法


リモートデスクトップ接続時に、ユーザー名・パスワードを入力後の「このリモートコンピューターのIDを識別できません。接続しますか?」の警告画面を表示させなくする方法を紹介します。特定のサーバーで正規の手順としては以下の方法 […]

続きを読む→

RDSでrdpファイルを実行すると不明な発行元からのポップアップが表示されてしまう


RDS環境を作成し、クライアントPCでremote appのrdpファイルをダウンロードしてきて実行しようとすると、以下のような警告のポップアップが出てしまいます。 「このリモート接続の発行元を識別できません。接続します […]

続きを読む→

Windowsで自己署名証明書を作成方法。有効期間を1年以上(5年や10年)で


推奨されるものではないですが、一年以上の長期有効期限の自己署名証明書(通称オレオレ証明書)を RDS(リモートデスクトップサービス)や IISのhttps Webサイトで 使用したくなることがります。 LinuxではOp […]

続きを読む→

リモートデスクトップで接続時に証明書エラー画面を表示させない方法


リモートデスクトップで、サーバーに接続すると、 パスワードの入力画面の後に、 このリモートコンピューターのIDを識別できません。接続しますか? の画面(ポップアップ)が一画面表示されます。 リモートデスクトップでもサーバ […]

続きを読む→