yumでインターネットに出れない!Proxy設定方法とメディアインストール方法

Linuxでデフォルトゲートウェイ経由でインターネットに出れないけど、Linuxを構築したい場合

  • インストールメディアを利用してyum出来る方法
  • Proxy経由でインターネットにyum出来る方法

を紹介します。

 

環境・前提条件

  • インターネットに出れない(Proxy経由では出れる)
  • CentOS Linux release 7.3.1611
  • kernel 3.10.0-514.el7

で確認しました。

 

インストールメディアを利用してyumする方法

image

/etc/yum.repo.d/CentOS-Media.repo

の中身を見るとわかるのですが(インストールメディアからyumするための設定情報が書かれています)、「c7-media」という名前で、特定のファイルパスを見に行く定義がされています。
このリポジトリ設定情報を利用して、インストールメディアからyumを実行します。

1、インストールメディアをサーバーのCDROMドライブに入れます。

2、マウントポイントを作成します

mkdir /media/CentOS

3、インストールメディアをマウントします

mount /dev/cdrom /media/CentOS

4、インストールメディアからyumします

yum –disablerepo=\* –enablerepo=c7-media <コマンド>

たとえば、yumのpostfixをインストールする時には、以下のようなコマンドとなります。

yum –disablerepo=\* –enablerepo=c7-media install postfix

 

Proxy経由でインターネットにyum出来る方法

yumでProxy経由インターネットにアクセスするためには、二つの方法があります。

  • http_proxy環境変数を設定する
  • proxy設定をyum.confに設定する

どちらかで実現できます。

 

http_proxy環境変数を設定する

yumは裏ではhttpアクセスにcurlコマンドを利用しています。
なので、curlコマンドにproxy設定をしてあげると、yumもproxy設定が実現できるというわけです。
crulのマニュアルを確認します(man curl)。

image

以下のようにyumコマンドを実行することにより、Proxy経由でインターネットアクセスできます。

http_proxy=http://proxy.test.local:8080 yum install ntp

image

もちろん、http_proxy環境変数をexportしてもOKです。

http_proxy=http://proxy.test.local:8080

export http_proxy

yum install ntp

proxy設定をyum.confに設定する

yum.confのマニュアルを見ますと、以下のように書かれています。(man yum.conf)

image

以下のコマンドでyum.confにproxy設定を追記します。

vi /etc/yum.conf

image

以上で、yumをProxy経由でインターネットアクセス出来るようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です