Windows Updateが出来ない!エラーコード80072F8F、Windows Server 2012 R2

Windows Server 2012 R2でWindows Updateを実行したところ、エラーになり、アップデートできませんでした。
これは何回実行しても以下のエラーコードに、、、

image

コード 80072F8F

「インターネットで検索すると、時刻があっていないときに発生する」という記載がありましたが、今回の環境では時刻もあっています。
このエラーは一体!?

環境・前提条件

image

今回の環境は

  • Windows Server 2012 R2からWindows Update
  • インターネットに抜けるにはProxyを経由する必要がある
  • IEにはProxy設定がしてある

という環境でした。

結論、Windows Update用のProxy設定をnetsh winhttp(WinHTTPプロキシ設定)を行う必要があり

image

netshコマンドでWinHTTPプロキシ設定を行う必要があります。
IEのプロキシ設定と同じにするには以下のコマンドを実行します。

netsh winhttp import proxy source=ie

これでエラーコード80072F8Fが直り、Windows Update出来るようになりました。

IEのProxy設定も行っていない場合はエラーコードは「8024402C」

image

ちなみに、今回の環境で

    • WinHTTPプロキシ設定を行って無く
    • IEプロキシ設定は行っている

場合、Windows Updateのエラーコードは「8024402C」と違うエラーコードでした。
Windows Server 2012 R2の場合、WINHTTPプロキシ設定をしていない場合Windows Updateで中途半端にIEのプロキシ設定を使用しているようですね。
(c:\windows\WindowsUpdate.logを確認したところ)

参考情報

ちなみに、こちらの記事のエラーコードは今回とは異なる

  • 0x80240030
  • 0x80072efe
  • 0x80244022
  • 0x80072EFD
  • 0x80072EE2

でした、環境に依存するのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です