Windowsで時刻同期が正常に出来てるか確認する方法。w32tmコマンド

WindowsでNTPサーバーの設定をしたけど、

  • 正常に時刻同期がされているか?
  • NTPサーバーの設定はどうなっているのか?

確認する方法はどのような方法があるのでしょうか?

 

Windowsで時刻同期が正常に出来てるか確認する方法。

image

環境構成:

  • Windows Server 2008 (R2)
  • Windows server 2012

上記では確認がとれています。

 

結論、w32tmコマンドで最終時刻同期時間を確認できる!

以下のコマンドをコマンドプロンプトにて実行します。

w32tm /query /status

すると、上記画像のように結果が表示され

  • 最終正常同期時刻
  • ソース (NTP Server)

が確認できます。

もしも、以下のようなメッセージが出力されてしまった場合は
次のエラーが発生しました。 そのサービスを開始できませんでした。 (0x80070426)
Windowsのサービス”Windows Time”サービスが起動していないので、自動起動設定をしましょう。
(“Windows Time”サービスはWindows Server 2008からデフォルトで「手動」起動設定となっています)

C:\Users\administrator>net start "windows time"
Windows Time サービスを開始します.
Windows Time サービスは正常に開始されました。

 

WindowsでNTPサーバーが何を設定しているか確認する方法

以下のコマンド、NTPの動作設定が確認できます

w32tm /query /configuration

出力された内容の、[タイムプロバイダー]の”NtpClient”の出力の塊を確認します
image

“NtpClient”の中で、”NtpServer”の欄が設定されたNTPサーバーとなります。
image

ちなみに、
ドメインに参加しているサーバーは以下のように「Type」が「NT5DS」と表示されます。
(Active Directory 2012の場合)
image

 

「Type」は、w32tmのレジストリ設定値で、コンピュータの時刻同期方法の制御に使用されます。

  • Nt5DS = ドメインの階層と同期します。[デフォルト]
  • NTP = 手動で構成されたソースと同期します。
  • NoSync = 時刻の同期を行いません。
  • AllSync = ドメインと手動で構成されたタイムソースと時刻の同期をとる

W32Time サービスのレジストリ エントリ

image

 

ドメイン参加サーバー・パソコンのTypeをNT5DSに設定を戻す方法

ドメインに参加しているが、何かしらの理由でTypeがNT5DSではない状態になっている場合、もしもNT5DSに設定変更したい場合は、以下のコマンドを実行します

w32tm /config /syncfromflags:DOMHIER

その他、Typeを変更したい場合は、以下のようになります

  • Type: NTPへ変更するコマンド
    w32tm /config /syncfromflags:MANUAL
  • Type: NT5DSへ変更するコマンド
    w32tm /config /syncfromflags:DOMHIER
  • Type: NoSyncへ変更するコマンド
    w32tm /config /syncfromflags:NO
  • Type: AllSyncへ変更するコマンド
    w32tm /config /syncfromflags:ALL
    または
    w32tm /config /syncfromflags:DOMHIER,MANUAL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です