Windowsである一定時間待つ(wait処理)コマンドは?コマンドプロンプト標準コマンドがある

Linuxではシェル実行時にある一定時間待つコマンドとして、”sleep”があります。
今まで、Windowsの場合は標準コマンドでLinuxのSleepに代わるコマンドは無いと思っていたのですが・・・実はありました。

Windowsである一定時間待つ(wait)コマンドは?

image

環境構成

  • クライアントパソコン:Windows Vista、Windows7、Windows 8
  • サーバー:Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows Server 2012

上記のバージョン以上では標準コマンドとして”時間待ち”コマンドが搭載されています。

 

結論。Windowsである一定時間待つ標準コマンドは「timeout」コマンド

timeoutコマンドをコマンドプロンプト上で実行すると、ある一定時間実行を待たすことが出来ます。

image

TIMEOUT [/T] タイムアウト [/NOBREAK]

説明:
    このユーティリティでは、タイムアウトのパラメーターを指定して、一定の時間 (秒
)
    が経過するまで、またはユーザーが任意のキーを押すまで、プログラムを待機
    させることができます。
    キー入力を無視するためのパラメーターを指定することもできます。

パラメーター一覧:
    /T        タイムアウト  待機する時間 (秒) を指定します。
                            有効な範囲は -1 から 99999 秒までです。

    /NOBREAK                キーが押されても無視し、指定時間待ちます。

    /?                      このヘルプを表示します。

注意: タイムアウト値 -1 は、キーが押されるまで無限に待機することを意味します。

例:
    TIMEOUT /?
    TIMEOUT /T 10
    TIMEOUT /T 300 /NOBREAK
    TIMEOUT /T -1

昔は、スクリプト内で時間調整が必要な時は、vbsを駆使してwait処理させていたのですが、今では標準コマンドでWindowsに存在していたんですね!
t

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です