w32tm「Free-running System Clock」とは?インターネット時刻サーバーと正常同期しているのに

Windowsの時刻同期で不思議な現象が起きました。
GUIによる「日付と時刻」では「インターネット時刻」において、NTPサーバーと正常時刻同期出来ているにも関わらず、w32tmのstatusでは、ソースが「Free-running System Clock」と表示されるのです。

 

Free-running System Clockとは?w32tm /query /statusコマンドでのソース

image

ソース「Free-running System Clock」が意味するところは、
サーバーのハードウェアが刻んでいる内蔵時計と時刻同期しているという意味です。
ソースが、以下のように表示されることがあります

  • Local CMOS Clock
  • Free-running System Clock

つまり、NTPサーバーと同期していないことを意味しています。
時刻が狂う要因ですね

 

GUIの「インターネット時刻」ではNTPサーバーと正常時刻同期出来ている

しかし、実際、GUIの「インターネット時刻」ではNTPサーバーと時刻同期は出来ている。
どちらの情報が正しいのでしょうか?

 

イベントログをみるとTime-Service ID:36が表示

image

GUIの時刻同期した時間にイベントログがどうなっているか確認したところ、

  • ソース:Time-Service
  • ID:36

のイベントが出ていました。
「他のW32timeイベントのシステムイベントログを確認する」のは簡単には出来ないです(デバッグになるため)。
実際、こちらはタイムソースとシステムの時間差がほぼないため、厳密には時刻同期はしていない(する必要が無い)という状況のようでした。

 

W32tm /monitorでGetDcListに失敗。エラーコード0x8007054B

image

GetDcListで推測するに、ドメインに参加していない場合はこのエラーコードになるのかもしれません。
以下の条件で、エラーコード0x8007054Bが発生しました

  • ”windows time”サービスを起動したばかり
  • windowsドメインに参加していない

 

結論。GUIの「インターネット時刻」の表示を信じる

Windows timeサービスが起動してからしばらくしないと(時間が少しズレるくらい)、
w32tm /query /statusの表示は設定したNTPサーバーではなく

  • Local CMOS Clock
  • Free-running System Clock

で表示されるようです。
設定は間違いなくされていますし、GUIでは正常時刻同期を示していますので、信じて待ちましょう。
(resync出来る環境ならば、強制的にresyncしてみるのも手かと思います)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です