VSCで世代設定「Maximum of days」ジョブを組んで一定期間サスペンドした時どのタイミングで削除されるのか?

VMwareとNetAppの組み合わせのバックアップツールVSCでは、バックアップジョブの世代設定(Retention)として

  • A maximum of days
  • A maximum of backups
  • Never expires

が選べます。
「A maximum of days」で設定をし、長期休暇時にジョブを停止(サスペンド)していた場合、長期休暇明けのバックアップジョブとバックアップデータはどうなってしまうのでしょうか?

 

結論、長期休暇明け初回バックアップ時に以前のバックアップデータが削除されます!

image

仮に、

  • ログの保持期間が7日間
  • バックアップスケジュールを7日以上停止した場合

とした場合、長期休暇明けには長期休暇前のバックアップデータがあるのですが、
長期休暇後、初めてバックアップジョブが実行されると、バックアップデータがRetentionされ、7日以前のバックアップデータは消えて無くなってしまします。

つまり、
バックアップスケジュール再開後、古いバックアップは保持されていますが、新たにバックアップスケジュールが動作したタイミングで古いバックアップ(期限切れのもの)がすべて削除されます。

 

長期休暇前のバックアップデータ削除を回避するには?

image

バックアップジョブのRetention設定を
「A maximum of days」 から「A maximum of backups」へ変更します。
こちらの変更は、「A maximum of days」だったバックアップデータ世代がリセットされることなく問題無く変更できます。

 

前提条件・確認環境

  • VMware vSprehe 5.1
  • VSC 4.1P1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です