NFS接続したVMwareではシンプロビジョニングの仮想ディスクしか作成出来ない

VMware ESXiでは仮想ディスクの作成で、以下の選択肢があります

  • シックプロビジョニング(Lazy Zeroed)
  • シックプロビジョニング(Eager Zeroed)
  • Thin Provision

まあ大きく言って仮想ディスクとして”シックプロビジョニング”か”シンプロビジョニング”かを選択することができます。
image

しかし

データストアをNFSで利用している場合はシンプロビジョニングしか選べません!

image

構成環境:

  • VMware ESXi 5.1 Standard 
  • データストアNetAppをNFSで使用

データストアとしてネットワークファイルシステムを使用して仮想マシンを運用しています

データストアをVMFSで管理出ない場合はシンプロビジョニングしか選べない

当然と言えば当然ですよね。
VMware ESXがファイルシステムを管理しているわけではなく、NAS(NetApp等)がファイルシステムを管理しているので、VMwareの自由が利かないわけですね。

  • データストアを”ディスク/LUN”(VMFS)で作成した場合

image

  • データストアを”ネットワークファイルシステム”(NFS)で作成した場合

image

 

ただしVMware ESXi EnterpriseライセンスでVAAIを使用するとシッププロビジョニングもサポートできる

image

VMware ESXi Enterpriseライセンスの場合、VAAIが使用出来るのでNFS接続のストレージでもシックプロビジョニング仮想ディスクが作成来ます。
NFSだと絶対シンプロビジョニングってわけでは無いのです。

NFS データストアでは、プロビジョニング ディスク フォーマットはデフォルトでシン プロビジョニングとなり、これは変更できません。vSphere 5.0 では、プロビジョニング フォーマットを指定できます。たとえば、ストレージ アレイまたはファイラで VAAI を介したシック プロビジョニングがサポートされてる場合、シック プロビジョニングを指定できます。

参考情報:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です