NetAppのVSCで仮想マシンをリストアするとVMwareスナップショット静止点状態からリストアしてくれる

NetAppのVSCを利用したバックアップ(スナップショット)は、厳密に言うと、VMwareスナップショットしたデータストアをNetAppスナップショットしている。
そのNetAppスナップショットからリストアしているので、そのままリストアしたら、仮想マシンはスナップショットを持った状態でリストアされるはずです。

NetAppのsnapshotフォルダ内の仮想マシンには、VMwareスナップショットファイルがある
image

しかし、VSCでリストアするとその仮想マシンにはVMwareスナップショットは無い。
つまり

NetApp VSCでVMware仮想マシンをリストアするとVMwareスナップショットから仮想マシンを復元してくれる

ということです。
その証拠に、以下のような検証をしました

  1. VMwareスナップショット前後でカスタム静止スクリプトでタイムスタンプログを出力するゲストOSを用意
  2. NetApp VSCでバックアップする
  3. NetApp VSCでリストアした時のカスタム静止スクリプトのタイムスタンプログがどのようになっているかを確認

という検証です

NetApp VSCでリストアした時のカスタム静止スクリプトのタイムスタンプログがどのようになっているかを確認

まず、以下のようにVMwareカスタム静止スクリプトでログ出力するゲストOSを用意しました
image

NetApp VSCから上記の仮想マシンをリストアします
image

リストアした仮想マシンのカスタム静止スクリプトのタイムスタンプログを見ますと・・・
image

NetApp VSCでリストアした仮想マシンの状態は、プレスクリプト実行後のポストスクリプト実行前の状態でした。
つまり、VMwareスナップショットの静止点状態の仮想マシンにリストアされたことを意味しています

また、仮想マシンのスナップショットに戻るアイコンもグレーアウトしているので、VMwareスナップショットが無い状態だということがわかります。

まとめ

NetApp VSCからVMware仮想マシンをリストアすると、VMwareスナップショット静止状態の仮想マシンからリストアしてくれます。
VSCはちゃんとゲストOSの静止点を担保した常態までリストアしてくれるんですね。

環境:

    • VMware vSphere 5.1 (ESX 5.1 & vCenter 5.1)
    • NetApp
    • VSC 4.1P1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です