NetAppと10Gbpsスイッチ&VMware環境でジャンボフレームを使用した結果。パフォーマンスが良くなるか検証

NetAppでVMwareホストと10GbpsでLAN接続した場合、
MTUを変更したジャンボフレームは効果があるのでしょうか?
検証してみました

検証環境(環境・前提条件)

  • VMware ESXi 5.5 U2
    HP DL360 G9 メモリ192GB 10Gigabitサーバ アダプタ
  • 10Gbpsスイッチ
    5700-32XGT-8XG-2QSFP
  • カテゴリー6A LANケーブル
  • NetApp FAS2520、OnTap 8.3
    DS2246 SAS 1.2TB 10Krpm × 24本
  • MTU値を1500の時と9000の時で
    VMwareからNetAppをデータストアとしてNFSマウントし、VMware上の仮想マシンでストレージ性能測定を行いました。

    使用した仮想マシンは

  • Windows server 2008 R2 メモリ4GB
  • 仮想マシン上で実行したベンチマークソフトは

  • CrystalDiskMark 3.0.4
  • です。
    MTUの設定変更は、スイッチはデフォルト設定でMTU9000でしたので
    VMwareとNetAppの両方をMTU9000に変更し、Pingを使用し9000サイズのパケットが飛ぶことを確認しています。

    結果、ほぼ変わらなかった。ストレージ性能に違いが見られなかった

    今時のスイッチやストレージのハードウェアスペックでは、MTUを9000にしたジャンボフレームにするかしないかとかスループットとしては変わらないんですね。
    (パケット処理より他の箇所にボトルネックがあるということですね)

  • MTU 1500のスループット。NetAppストレージ性能

  • netapp-d20-mtu1500-1

    -----------------------------------------------------------------------
    CrystalDiskMark 3.0.4 x64 (C) 2007-2015 hiyohiyo
                               Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
    -----------------------------------------------------------------------
    * MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

               Sequential Read :   439.655 MB/s
              Sequential Write :   175.891 MB/s
             Random Read 512KB :    99.399 MB/s
            Random Write 512KB :   145.347 MB/s
        Random Read 4KB (QD=1) :     1.153 MB/s [   281.4 IOPS]
       Random Write 4KB (QD=1) :     4.415 MB/s [  1077.9 IOPS]
       Random Read 4KB (QD=32) :    28.869 MB/s [  7048.2 IOPS]
      Random Write 4KB (QD=32) :    66.088 MB/s [ 16134.9 IOPS]

      Test : 4000 MB [D: 0.2% (0.1/40.0 GB)] (x5)
      Date : 2015/06/04 19:34:23
        OS : Windows Server 2012 R2  [6.3 Build 9600] (x64)
     

  • MTU 9000のスループット。NetAppストレージ性能

  • netapp-d20-mtu9000-0

    -----------------------------------------------------------------------
    CrystalDiskMark 3.0.4 x64 (C) 2007-2015 hiyohiyo
                               Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
    -----------------------------------------------------------------------
    * MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

               Sequential Read :   436.907 MB/s
              Sequential Write :   175.950 MB/s
             Random Read 512KB :    96.103 MB/s
            Random Write 512KB :   143.664 MB/s
        Random Read 4KB (QD=1) :     1.136 MB/s [   277.3 IOPS]
       Random Write 4KB (QD=1) :     4.558 MB/s [  1112.8 IOPS]
       Random Read 4KB (QD=32) :    28.438 MB/s [  6942.8 IOPS]
      Random Write 4KB (QD=32) :    63.434 MB/s [ 15486.8 IOPS]

      Test : 4000 MB [D: 0.2% (0.1/40.0 GB)] (x5)
      Date : 2015/06/04 20:10:29
        OS : Windows Server 2012 R2  [6.3 Build 9600] (x64)

    まとめ。結局ジャンボフレームによる性能アップは見れなかった

    ジャンボフレームの設計、設定変更をしましたが
    ベンチマークテストの結果的には、ほぼ何の違いも見られませんでした、、、
    そんなものなのか・・・・残念。

    なので、ジャンボフレームの採用は辞めました。
    標準のMTU 1500を採用しました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です