Ciscoスイッチの「Po1」というポートは何?Port-Chanel(ポートチャネル)

CiscoスイッチのMacアドレステーブルを確認すると
通常の「Gi1/0/2」といった物理ポートとは別に「Po1」というポート(Ports)名が出てきます。
この「Po1」とは一体何でしょうか?

 

「Po1」とはPort-Chanel(ポートチャネル)の略

image

「Po1」とはPort-Chanel(ポートチャネル)の略です。
Port-Chanelの略である「Po」の後に、数字がつきます。
つまり、何個も作成出来るポートです。

ポートチャネルってに何さ?

image

いわゆる、「トランク」とか「束ねる」とか「リンクアグリ」とか言われるCiscoポートです。
複数の物理ポートを論理的に一つのポートにしているのがポートチャネルです。
ポートチャネルがどの物理ポートを「束ねている」のか確認するコマンドが、上記の

show etherchanel summary

です。

「イーサチャネル」と「ポートチャネル」の違いは?

Ciscoのスイッチの用語を聞いていると、「ポートチャネル」以外に「イーサチャネル」という言葉が出てきます。
何が違うのでしょうか?

まあ、ネットワークエンジニア以外は、ほぼほぼ同じだと思っても良いかもしれません

image

  • 複数の物理ポートを束ねて一つの論理ポートにする設定がイーサチャネル
  • それで作成された論理ポートをポートチャネルと呼ばれる

イメージです。
一つのイーサチャネルには、一つのポートチャネルがあるので、混ざってしまいますね。
ネットワークエンジニアは、設定出来る項目・範囲で言葉を使い分けているんですね。

EtherChannelを設定したあとに、ポート チャネル インターフェイスの設定を変更すると、そのポート チャネル インターフェイスに割り当てられたすべての物理ポートの設定も変更されます。物理ポートの設定を変更した場合は、設定を適用したポートだけが影響を受けます。

参考情報:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です