CentOSでProxyサーバーのSquidをインストール構築方法

CentOS上にProxyサーバーを構築したいと思い、
選定したのは、やはり昔からある枯れたProxyサーバー「Squid」をインストールすることにしました。

環境・前提条件

image

  • CentOS 6.5
  • Kernel 2.6.32-431

を使用しました。

CentOSでProxyサーバーのSquidをインストール手順、yumコマンド

image

yumコマンドでsquidをインストールできます。

yum -y install squid

httpでsquidをダウンロードしてインストール形になります。

参考、yumコマンドにProxy設定をする方法

image

yumコマンドは、インターネット上にhttpアクセスをし、コンポーネントをダウンロード・インストールします。
インターネットにhttpアクセスするのに、proxy設定が必要な場合は、以下の設定をします。

vi /etc/yum.conf

に「proxy=http://proxy.domain.local:3128」といったProxyの設定を入れ保存します。

image

squidパッケージがインストールされたことを確認

image

rpmコマンドでインストールされたパッケージ一覧を表示させ、squidが表示されていればインストールされています。

rpm -qa | grep squid

上記画像では「squid-3.1.10-19」がインストールされていることが確認できます。

squidの設定

image

squidの設定は、squid.confを編集することによって設定できます。

vi /etc/squid/squid.conf

で設定できます。
デフォルト設定でも、ほとんどの環境では動作してしまうと思いますが、

  • Proxyサーバーを使用出来るローカルネットワーク
    acl localnet src 192.168.1.0/24
    http_access allow localnet
  • Proxyサーバーのポート番号
    http_port 3128
  • バーチャルホスト名
    visible_hostname proxy.domai.local

くらいは設定を確認しておきましょう。

squidデーモンを起動する

image

以下のコマンドを実行してsquidデーモンを起動します。

/etc/rc.d/init.d/squid start

[OK]表示を確認します。

 

参考、Proxyサーバー(squid)にアクセス出来ない場合はファイヤウォール(iptabels)を確認する

image

もしも、squidサービスを起動したのに、proxyサーバーとしてアクセス出来なかった場合は、CentOSのファイヤウォールが有効になっている可能性があります。

/etc/rc.d/init.d/iptable status

を実行して、「iptables: Firewall is not running」が表示されなかった場合は以下のコマンドで無効にします。

/etc/rc.d/init.d/iptables stop

Proxyクライアントからのアクセスログを確認する

image

Proxyを使用してアクセスしてきているクライアントのアクセスログは

/var/log/squid/access.log

にありますので、確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です