共有プリンタのプリンタドライバーの種類、Type4とかType3って何?

プリンタサーバーのプリンタ共有を行う時の話です。
プリンタドライバーを調べると、Windows Server 2003の時は無かった、「Type3」とか「Type4」とかといったプリンタドライバの種類が登場してきました。
(昔は”x86”とか”x64”とか、またそれぞれのWindows OS バージョンごとプリンタドライバーをインストールする必要があった。)
このプリンタドライバーの種類「Type4」とか「Type3」とかって何でしょうか?

 

プリンタードライバーの種類「Type4(タイプ4)」とか「Type3(タイプ3)」とは何か?

image

構成環境:

  • Windows server 2012

ただし、Windows server2008からもType3といったドライバーが登場していた。

タイプ4のプリンタードライバーとは?(Type4)

タイプ4(Type4)のプリンタードライバーを使用すると、

  • ローカルの管理者グループのメンバーではないユーザーも、既定でプリンターに接続することが来ます。
  • 32ビットクライアントのユーザーも、プリントサーバー上に32ビットドライバーを必要とせずにプリンターに接続できます。

image
このタイプ4(Type4)のプリンタードライバーさえあれば、他の追加ドライバーをする必要が無いです。
そのため「追加ドライバー」がグレーアウトしています。
追加プリンタードライバーを必要としていないんですね。

 

タイプ3のプリンタドライバーとは?(Type3)

タイプ3(Type3)のプリンタードライバーを使用すると、

  • 32ビットクライアントを使用している場合は、対応する32ビットバージョンのプリンタドライバーをプリントサーバーにインストールする必要があります
    (インストールしないとクライアントが正しくプリンターに接続出来ない場合があります)

image
このタイプ3(Type3)のプリンタードライバーの場合は、32ビットクライアントが存在する場合は、32ビット版のプリンタドライバは別途追加する必要があります。

 

まとめ。「Type4(タイプ4)」とか「Type3(タイプ3)」のプリンタドライバー

image

要するにプリンターの機種ごとWindows OS のバージョンを意識しなくても済む汎用プリンタドライバーですね。
Type4のドライバの方が、より汎用性が高く32ビットOSでも64ビットOSでも動作するドライバーなんですね。
また、マイクロソフトとしてはType4のプリンタドライバー使用を推奨しています。

昔のプリントサーバー構築のように、使用するクライアントWindows OS毎にドライバをインストールする必要が無くなったということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です