不要で見えないデバイスドライバの削除方法

Windows7をWindows10にアップグレードしようとした時に、
Windows7にインストールされていた「Air Display」がWindows10と互換性がなくアップグレード出来ませんでした。
なので、「Air Display」をアンインストールしたのですが、それでもまだAirDisplayのドライバが残っていてアップグレード出来ないと・・・

最終的には、日にちが経ったら(一週間程度)何故か何もしなくてもWindows10にアップグレードできるようになったのですが、
今日は不要で見えなくなったデバイスドライバのアンインストール方法を紹介します。

環境・前提条件

  • Windows7
  • Windows Server 2008

などで可能。

不要で見えなくなったデバイスドライバのアンインストール方法

1,管理者権限でコマンドプロンプトを起動

delete_dev01

「スタート」ボタンから「すべてのプログラム」-「アクセサリ」-「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を押します。

「次のプログラムにこのコンピュータへの変更を許可しますか?」に対し「はい」ボタンを押します。

2,環境変数をセットしデバイスマネージャを起動

delete_dev02

管理者権限のコマンドプロンプトに対し

set devmgr_show_nonpresent_devices=1
start devmgmt.msc

と入力し、デバイスマネージャを起動します

3,デバイスマネージャの非表示のデバイスの表示

delete_dev03

デバイスマネージャのメニューから「表示」-「非表示のデバイスの表示」をクリックします。
今まで、ディスプレイアダプターで見えていたデバイスと比べますと・・・

delete_dev04

「Air display(Maicrosoft Corporation - WDDM v1.1)」が半透明で見えてる!

4,非表示の半透明のデバイスを削除

delete_dev05

「Air display(Maicrosoft Corporation - WDDM v1.1)」デバイスを右クリックし「削除」。

これで不要な見えないデバイスドライバが削除出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です