リソースモニターのCPU保留とは一体何?Windows Server 2008のコアパーキング機能無効方法

タスクマネージャより、リソースモニターを開きCPUを見ていたところ、複数CPUの一つが突然グレーアウトになって「保留」というコメントが付きました。
これは一体何!?

image

環境・前提条件

  • Windows Server 2008

でCPU2つのサーバー環境で確認しました。

結論、CPUの「保留」は省電力用のCPUコアパーキング機能

コアパーキング(Core Parking)とは、負荷が高くない場合に全てのCPUコアを利用せず、不必要なコアを”保留状態”にしてコアを減らし、電力を削減する機能です。片方のコアに全部寄せて省電力にするイメージですね。

Windows Server 2008にはいろんな機能が有るんですねー。
省電力で節電出来るのは良いですが、問題になるケースも中には有ります。

コアパーキングを無効にする方法

image

コントロールパネルの [電源オプション] からの設定方法です

  1. コントロールパネルより [電源オプション] をクリックします。
  2. 現在の "バランス" から "高パフォーマンス" に変更します。

参考情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です