ボリュームシャドーコピー設定方法。Windows ServerのVSS

ボリュームシャドーコピーはWindowsのファイルサーバーを運用するときなどに便利です
簡易的なバックアップ(世代管理と言う意味で)になります
しかし、ボリュームシャドーコピーは世代管理にはなりますが、厳密にはバックアップではないので注意しましょう

Windows サーバーでボリュームシャドーコピー設定方法

環境:

  • Windows Server 2012

1、Cドライブを右クリックし「プロパティ」を選択します

※どのドライブを選択して右クリックしても良いです、以下の画面は、Eドライブを指定した場合です

2、「シャドーコピー」タブを開き、ボリュームシャドーコピーを実行したいボリュームを選択します

そして、「有効」ボタンを押します

image

3、「OK」ボタンを押します

シャドーコピーを有効にすると、選択したボリュームのシャドーコピーが今すぐ作成されます

image

4、「選択したボリュームシャドーコピー」の蘭に、上記「OK」ボタンを押した日時が含まれていることを確認します

下の画像では、再度「今すぐ作成」ボタンを実行したので、リストにシャドーコピーがもう一つ出来ています

image_thumb4

ボリュームシャドーコピーはある日時のシャドーコピーを選択して「今すぐ作成」や「今すぐ削除」が出来ます
また、実際にシャドーコピーとして使用されている容量も上記「使用領域」で分かります

設定ボタンを押すとシャドーコピーの使用領域や実行スケジュールも設定出来る

「シャドーコピー」タブの「設定」ボタンを押すと、以下の画面が出ます
シャドーコピーの使用領域の最大サイズを指定できたり、シャドーコピーの実行スケジュールが設定できます

image

既定のスケジュールでは一日2つのシャドーコピーが作成されます
1時間に1回を超えないように設定します。

まとめ

  • ボリュームシャドーコピーは、今すぐ作成や今すぐ削除が出来る
  • シャドーコピーで使用する領域を最大サイズで指定することにより、業務で使用する領域を圧迫しないで済む。
  • ただ、バックアップソフトを使用したように世代管理や実行後の成否メール通知は出来ない
  • Windows標準のシャドーコピーでは、世代は指定した「最大サイズ」の容量に入る分だけシャドーコピーが確保される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です