サーバー系SEが知っておきたいHPスイッチコマンドまとめ。ポートのリンクアップ・リンクダウン確認コマンド等

サーバー系SEでも、ネットワークの事を多少ないしは知っておいた方が良いですよね
特に、
リモートでスイッチ状況を確認したい時の為に、HPスイッチのコマンドをまとめます。

今回の記事で使用している環境は

  • HP A5120-24G EI
  • HP Comware Software Version 5.22.99

です。

HPスイッチの場合サーバー系SEが覚えておくべきコマンドは「display」コマンドです!

image

使用する可能性が高い順に紹介します。

  • ポートのリンクアップ・リンクダウン状況をコマンドで知る方法

image

最も知っておいた方がコマンドがこちらです。
リモートでリンクアップ・リンクダウン状況を知るためには、このコマンドしかないですからね

display interface brief

サーバー系SEはこれさえ知っておけば問題無いですね!

ここから以下は、参考までに知っておいた方が良いおまけコマンドです

  • 現在のHPスイッチの設定(コンフィグ)を確認するコマンド

image

ネットワーク系SEが最も使用するコマンドだと思いますが、
サーバー系SEには見ても何のことやらわからないので、あまり使わないですねw

display current-configuration

  • MACアドレステーブルを確認するコマンド

image

MACアドレステーブルを確認するコマンドは

display mac-address

になりますが、滅多なことでは使用しないですね。

  • リンクアグリゲーションの状態を確認するコマンド

image

リンクアグリケーションはサーバー系SEにも関係がある設定ですね!

display link-aggregation summary

で、設定モードは確認できますが、何のことやら・・・w

  • HPスイッチのCPU・メモリの負荷状況を確認するコマンド

image

HPスイッチのCPU負荷状況を知るコマンドは

display cpu-usage

メモリの使用状況を知るコマンドは

display memory

こちらはサーバー系SEでも意味がわかりますよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です