WSUS4.0のインストール手順。Windows Server 2012の役割と機能の追加

Windows Server 2012のWSUS4.0をインストール方法を画面で紹介します。
基本的にはwindowsのコンポーネント(役割)なのでインストール自体は簡単ですね!

WSUS4.0のインストール方法。

image

環境・前提条件

今回の作業は

  • Windows server 2012
  • ADドメインに参加したサーバーです

で実施しました。

1、役割と機能の追加ウィザード

image

「次へ」ボタンを押します

2、インストールの種類の選択

image

「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択して「次へ」ボタンを押します

3、対象サーバーを選択

image

操作端末(自身)のサーバーを選択して、「次へ」ボタンを押します

4、サーバーの役割の選択

image

「Windows Server Update Services」を選択します

image

「機能の追加」ボタンを押し

image

「次へ」ボタンを押します。
追加された役割は

  • Webサーバー(IIS)
  • Windows Server Update Services

です

5、機能の選択

image

そのまま「次へ」をクリックします。
追加された機能は

  • Windows Internal database
  • Windows プロセスアクティブ化サービス
  • リモートサーバー管理ツール

です。

6、Windows Server Update Services

image

「次へ」ボタンを押します。

7、WSUS役割サービスの選択

image

「次へ」ボタンを押します

8、コンテンツの場所の選択

image

「次の場所に更新プログラムを保存します」にチェックを入れ、保存するパスを入力します。

9、Webサーバーの役割(IIS)

image

「次へ」ボタンを押します

10、IISの役割サービスの選択

image

「次へ」ボタンを押します。
インストールされる役割は

  • webサーバー
  • HTTP共通機能
  • 既定のドキュメント
  • 静的なコンテンツ
  • セキュリティ
  • 要求フィルター
  • Windows認証
  • パフォーマンス
  • 動的なコンテンツ圧縮
  • アプリケーション開発
  • .Net拡張機能4.5
  • ASP.NET4.5
  • ISAPIフィルター
  • ISAPI拡張
  • 管理ツール
  • IIS管理コンソール
  • IIS6管理互換
  • IIS6メタベース互換

です。

11、インストールオプションの確認

image

「インストール」ボタンを押します

12、WSUSインストールの完了

image

「閉じる」ボタンを押します。

13、インストール後のタスクを起動する

image

タスクマネージャに「!」びっくりマークが表示されているのでクリックし「インストール後のタスクを起動する」をクリックします。

14、インストールが正常に完了しました

image

「インストールが正常に完了しました」メッセージを確認します。
特にOSの再起動は不要でした。

WSUS設定ウィザード

まだ終わりではありません、ここからWSUSの設定をしていきます。
「サーバーマネージャー」の「ツール」から「Windows Server Update Services」をクリックします。

1、はじめに

image

「次へ」ボタンを押します

2、Microsoft Update品質向上プログラム

image

「次へ」ボタンを押します

3、アップストリームサーバーの選択

image

一台目のWSUSサーバーなので「Microsoft Updateから同期する」にし、「次へ」ボタンを押す

4、プロキシサーバーの指定

image

プロキシサーバーがある場合は、指定して「次へ」ボタンを押します

5、アップストリームサーバーに接続

image

「接続の開始」ボタンを押します。
※ 多少時間がかかります

image

「次へ」ボタンを押します。

6、言語の選択

image

「日本語」を選択し、「次へ」ボタンを押します

7、更新プログラムが必要な製品を指定

image

更新プログラムが必要な製品をチェックして「次へ」ボタンを押します。

8、ダウンロードする更新分類を選択

image

ダウンロードする更新分類を選択し「次へ」ボタンを押します

9、同期スケジュールの設定

image

同期スケジュールを設定し、「次へ」ボタンを押します

10、終了

image

「初期同期を開始します」にチェックを入れ、「次へ」ボタンを押します。

11、WSUS Serverを環境に統合するための次の手順

image

最後に、WSUS導入のマニュアルへのリンクが紹介されます

「完了」ボタンを押します。
以上で完了ですが、結構長いステップでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です