Windows Server 2012 R2 Standard評価版の期限切れ。勝手にシャットダウンされるので正規のライセンスキーを入力した結果

Windows Server 2012 R2 standardの評価版を使用していたのですが、
評価期間が過ぎたら、Windows Server 2012 R2 OSが自動でシャットダウンされるようになりました。
そーなのか!?

180日の評価期間が過ぎると一時間でOSがシャットダウンします。

image

Windows server 2008の時は自動でシャットダウンとか無かったんですけど・・・
Windows Server 2012 R2は制限出してきましたねー。
これじゃ、評価版ではずっとOSをお試し使用できないですね。

評価版の制限あり。評価期間を過ぎると

image

ちゃんと公式情報でも記載がありました。

  • Windows Server 2012 Standard、
  • Windows Server 2012 Datacenter

でも発生するんですね。

正規のプロダクトキーを入力しましたがライセンス認証されなかった

image

評価版から正規のプロダクトキーを入力(ボリュームライセンス)してライセンス認証を行おうとしたところ、
残念なことに、ライセンス認証できませんでした、、、
「このエディションのWindowsのライセンス認証にそのキーは使えません。別のキーを試してみてください」
エディションもプロダクトキーもあっているのに、、、本気か!?

評価版から正規版へ乗り換えるのは特殊な手順がいる

image

知りませんでした。
コマンドで実行する必要があるんですね。
自分の時は、ここまで調べて無く再インストールしてしまい、試していませんが評価版から正規版へライセンス認証が出来るようです。

DISM /online /Get-CurrentEdition
DISM /online /Set-Edition:<edition ID> /ProductKey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX /AcceptEula

さらにStandardからDatacenterエディションに変更できる!?

image

知りませんでした、今度試してみたいと思いました。
以下の参考情報を参照してください。

参考情報:

Windows Server 2012 R2 Standard評価版の期限切れ。勝手にシャットダウンされるので正規のライセンスキーを入力した結果」への4件のフィードバック

  1. TAKE10

    記載ありがとうございます。
    提供された環境が評価OSで、有効期限が切れて困っていたところでした。
    実行すればすぐに分かりますが、下記で変更できています。
    DISM /online /Get-TargetEditions
    DISM /online /Set-Edition: /ProductKey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX /AcceptEula
    edition IDはGet-TargetEditionsで表示されたものを入れて、変更できました。
    実行後、再起動が複数回必要です。

    返信
  2. 勝手に白クマ

    Windows Server 2012 R2 の評価版を使っていて、ある時から勝手にスリープに入るようになったと思っていましたが、この記事を読んで原因がわかりスッキリしました。ありがとうございます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です