Windows Server 2012のリモートデスクトップを有効にする方法

Windows Server 2012を初めて触ると、UI(User Interface)が何がなんだか分かりませんね・・・w

まずは、リモートで管理できるように、リモートデスクトップを有効にしましょう

Windows Server 2012でリモートデスクトップを有効にする方法

環境:

  • Windows Server 2012

 

1. Windows Server 2012のデスクトップ左下のアイコン「サーバーマネージャー」を起動します

サーバーマネージャーの「ローカルサーバー」を選択し、リモートデスクトップの「無効」をクリックします

image

 

2. 「リモート」タブの「このコンピューターへリモート接続を許可する」を選択します

(ここからは見たことあるような従来の画面ですね)

image

3. 「OK」ボタンを押します

image

 

4. 「OK」ボタンを押します

image

 

5. リモートデスクトップが有効になっていることを確認します

再度サーバーマネージャーを起動するもしくは「表示」再表示させるとリモートデスクトップが「有効」になっています

image

 

 

これでWindows Server 2012のリモートデスクトップが有効になりました

管理者の方はリモートから管理できますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です