Windows Server 2012に.NET Framework 3.5 をインストールする方法。普通に機能から追加するとエラーとなりインストール失敗する

これはWindows Server 2012のバグとしか思えないんですが、、、
Windows Server 2012に「役割と機能の追加ウィザード」で「,NET FrameWork 3.5」をインストールすると、標準の機能のくせにインストール失敗しエラーとなります。

どのようにしたらWindows server 2012に.Net Framework 3.5をインストール出来るのでしょうか?
ちなみに、Windows server 2012 R2でも同様な現象が起きます

image

 

Windows Server 2012に.NET Framework 3.5 をインストールする方法。

前提条件・環境:

  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2

に、「役割と機能の追加ウィザード」で「.NET FrameWork 3.5」を追加した場合の話です。
インストールexeをマイクロソフトからダウンロードして来ても、Windows Serve 2012ではインストール出来ません。

 

.NET Framework 3.5 Featuresとは?

  • .NET Framework 3.5
  • .NET 2.0
  • .NET 3.0

が含まれています。

 

1、Windows標準の「役割と機能の追加」を実行します

image

「サーバーマネージャー」から追加できます

 

2、「.NET Framework 3.5 Features」を追加します

image

役割と機能追加を「次へ」「次へ」と進んでいき、「.NET Framework 3.5 Features」にチェックを入れ「次へ」ボタンを押します。

 

3、「代替えソースパス」をクリック。Windows Server 2012のメディアが必要です!

image

「代替ソースパスの指定」をクリックします。
Windows Server 2012のメディアをDVD-ROMに入れて、メディア内の\sources\sxsを指定し「OK」ボタンを押します

image

元の画面に戻り「インストール」ボタンを押します

 

4、インストール完了し「閉じる」ボタンを押す

image

Windowsの再起動は求められませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です