Windows Server 2008 Standardの最大CPU数を超えるCPUを搭載するVMwareの設定。

例えば、

  • Windows Server 2008 R2 Standardの搭載最大CPU数は4ソケット

になります。※ Windows Server 2012からもっと多くの最大64個のCPUまで搭載可能になっています。
VMware環境で、物理CPUコアを仮想マシンに割り当てた場合、通常CPU4コア以上のCPUは仮想OS(Windows Server 2008 R2 Standard)に認識されません。

VMware環境で、Windows Server 2008 R2 Standardに物理CPU4コア以上の割り当てをすることは出来ないのでしょうか?

結論、VMware仮想マシンの設定の編集で仮想ソケット数4、コア数2を指定すれば4CPU以上認識出来る

image

VMwareで「仮想マシンの編集」からCPUを選択し、例えば

  • 仮想ソケット数、4ソケット
  • ソケット当たりのコア数、2コア

を指定すればWindows server 2008 R2 Standardの最大CPU搭載数4を超えてCPUコアを使用することが出来ます。

※ 仮想マシンが停止した状態でないと編集できません。

環境・前提条件

今回試した環境は

  • VMware vCenter 6.0 & VMware ESXi 6.0
  • 仮想マシン、Windows Server 2008 R2 Standard

VMwareでCPUの仮想ソケット数・コア数を設定出来るようになったのは、VMware vSphere 4.1からでしたね。

8CPU認識しているか確認方法

image

仮想マシン上のWindowsで、「Windows タスクマネージャー」で確認できます。
上記のように、CPUが8個Windowsから見えている事が分かります。

ちなみに、Windowsのシステムプロパティでは4ソケットと表示されますので8CPUを確認できません。

image

もしも仮想マシンで仮想ソケット8で仮想コア数1を設定した場合は、
上記「Windows タスクマネージャー」ではWindows OS上4つのCPUしか見えません・使えていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です