Windows Server バックアップという選択肢のデメリット。Windows標準バックアップ

バックアップにはサードパーティー製のバックアップソフトを導入するのが常ですが、
Windows標準のバックアップソフト「Windows Server バックアップ」の場合はデメリットがあるのでしょうか?

image

結論としては
残念ながら、サードパーティ製のバックアップソフトに比べるとWindows Serverバックアップは以下の点で劣ります。

  • バックアップの成否確認がメール通知出来ない
  • フルバックアップ・増分バックアップの指定は無い。
  • 世代数を指定できない
  • 外部出力できない(外部出力は一世代のみ)

「どうしても無料でバックアップしたい、運用が大変でも」という場合以外はWindows Server バックアップはオススメ出来ませんね。

 

前提条件・環境:

以下、

  • Windows Server 2012 R2

での画面・説明になります。

 

Windows Server バックアップのインストール方法(機能追加方法)

image

「サーバーマネージャ」より「管理」-「役割と機能の追加」ウィザードから「Windows Server バックアップ」機能を追加して下さい。
機能追加にWindows Server の再起動は不要でした。

 

Windows Serverバックアップの使い方・設定方法

1、Windows Server バックアップの起動方法

image

「サーバーマネージャ」より「ツール」-「Windows Server バックアップ」から起動します

 

2、スケジュールバックアップで出来ること。ウィザードの内容

image
「次へ」を選択します

image
バックアップの構成を選びます。
「サーバー全体」を選択して「次へ」を押します

image
バックアップの時間の指定をして、「次へ」ボタンを押します。

image
作成先の種類としましては

  • バックアップ専用のハードディスクにバックアップする
  • ボリュームにバックアップする
  • 共有ネットワークフォルダーにバックアップする

が選択できます。
今回は推奨の「バックアップ専用のハードディスクにバックアップする」を選択しました。

image
作成先のディスクを選択します。
「すべての選択可能なディスクを表示」をクリックし、選択可能なディスクを選択します。
「バックアップ専用のハードディスクにバックアップする」を使用するには、空っぽのディスクが必要になります。

image
出力先のディスクにボリュームがある場合は削除されるメッセージが出ます。
「OK」ボタンを押します。

image
フォーマットして良いか確認し「はい」を押します。

image
バックアップジョブ内容を確認し、「完了」ボタンを押します。

image

 

「バックアップ専用のハードディスクにバックアップする」を選択した場合のディスクの管理

image

ボリュームラベルの無いバックアップ専用ディスクが出来ていました。

 

タスクスケジューラにはバックアップジョブがwbadmin.exeコマンドで作成されている

image

タスクスケジューラ―にもバックアップのジョブがコマンドでスケジュールされていますね。
タスクスケジューラ―にコマンドで作成してあるので、バックアップ前後にバッチファイルを実行することも出来ますね。

 

Windows Serverバックアップは共有フォルダの出力に向いていない理由

image

サーバー自体の故障を考慮し、バックアップ出力先(作成先の種類)としましては外部の共有ネットワークフォルダーに出力したいところです。
しかし、共有フォルダに出力する場合、最新バックアップデータ一世代のみしかバックアップ出来ない欠点があります。

image

また、共有ファイルに出力するためのアクセス権も指定できません。
アクティブディレクトリ(AD)環境には向いていますが、ワークグループ環境には向いていないでしょう。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です