Windows serverのCPU数を変更した時にHALを変える必要があるか?ユニプロセッサとかマルチプロセッサ

仮想マシンになってからCPU数の変更が簡単になりました。

  • Windows 2000 Server
  • Windows Server 2003

の時は、シングルプロセッサ(一つ)からマルチプロセッサ(複数)に変更した時、HALの切り替えが必要でした。

image

しかし

Windows Server 2008以降はHALの切り替えが不要になりました!

厳密に言えば、
Windows Server 2008以降は、仮想CPU数をシングルからマルチに増やしてもHALの切り替えが不要になりました。

HALとは?HALを調べる方法

image

WindowsのHALが何を使用しているのか知る方法は、「デバイスマネージャー」-「コンピューター」部分になります。
上記の図ではHALは「ACPI x64-based PC」になります。

以下、Windows Server 2008 R2のHALで紹介します。
Windows Server 2012のHALも同様かと思います

  • シングルプロセッサーのHALは?

image

シングルプロセッサー(CPUは1つ)のHALは「ACPI x64-based PC」でした。
Windows Server 2003のように「ユニプロセッサー」とは表示されていませんでした。

  • マルチプロセッサーのHALは?(1ソケットで2コアの場合)

image

マルチプロセッサー(CPUは2つ)のHALも「ACPI x64-based PC」でした。
2CPUも1ソケットの2コアで設定した場合です。
Windows Server 2003のように「マルチプロセッサー」とは表示されていませんでした。

  • マルチプロセッサーのHALは?(2ソケットで1コアの場合)

image

2CPUで2ソケットの1コアで設定した場合の
マルチプロセッサー(CPUは2つ)のHALも「ACPI x64-based PC」でした。
Windows Server 2003のように「マルチプロセッサー」とは表示されていませんでした。

参考情報:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です