VPCをAWS上に作成方法。初心者でもわかるように

AWSでは「VPC」という言葉が出てきます。
アマゾンVPCとは、「アマゾン Virtual Private Cloud(仮想プライベートクラウド)」の略です。

イメージ的にはEC2といったインスタンスをネットワーク配置するための大きなネットワーク設計・構築をするイメージでしょうか。

 

初心者はまずパブリックサブネットを持つVPCを作ってみよう!

image

一番簡単で、一番シンプルなVPCを作って見ましょう。
個人ユーザーならこれだけのVPC作成手順情報で十分ですし、
企業ユーザーならばこれの発展系です。

1、ネットワーク「VPC」

image

AWSトップ画面の「アマゾンウェブサービス」画面より、ネットワーキングに分類される「VPC」をクリックします

2、VPCウィザードの開始

image

「VPCダッシュボード」画面上の「VPCウィザードの開始」ボタンを押します

3、VPC設定の選択

image

「1個のパブリックサブネットを持つVPC」を開き「選択」ボタンを押します。

4、1個のパブリックサブネットを持つVPC

image

最低限で言えば、

  • VPC名
  • サブネット名

を決めて入力します。
ネットワーク設計があれば、

  • IP CIDRブロック
  • パブリックサブネット

のネットワークレンジを設定します。

最後に、「VPCの作成」ボタンを押し、これでVPCの完成です。
簡単ですね。

※ ただし、この状況では「アベイラビリティーゾーン」の冗長化が出来ていません

AWSの冗長化が必要な企業ユーザーの場合、この作成時に「アベイラビリティーゾーン」の指定もしておいた方が良いですね。

 

基本は個人ユーザーならここまでの手順で十分ですが、以下発展情報です

作成したサブネットのアベイラビリティーゾーン確認

image

作成したサブネットの情報は上記のように確認できます。
「VPCダッシュボード」メニュー内の「サブネット」をクリックします。
(そして、検索フィールドでキーワードを指定し検索します)
出てきた先ほど作成したサブネット名を選択すると、下の画面に情報が出ます。

 

VPC内にプライベートサブネットを追加で作ってみよう!作成方法

image

プライベートサブネットとは、そのままではインターネットと通信出来ないサブネットの事です。

上記の絵では「NAT」を使用しインターネットにアクセス出来るような絵になっていますが
今回紹介する作成方法では、インターネットに相互にアクセス出来ないようなプライベートネットワークになります。

 

1、サブネットの作成

image

「VPCダッシュボード」画面の左メニューから「サブネット」を選択します。
「サブネットの作成」ボタンを押します。

2、サブネットの作成

image

最低限で言えば

  • ネームタグ(好きな名前)を設定し
  • 先ほど作成したVPCを選択し
  • 先ほどVPCでプールしたIP CIDR内から作成するサブネットで使用するネットワークを指定します(CIDRブロック)

せっかくなので、今回は先ほどのプライベートサブネットとは異なるアベイラビリティーゾーンを指定してみました。
アベイラビティーゾーンとは、イメージ的にはデータセンターのようなものです。「今回、パブリックサブネットとプライベートサブネットを別々の建物のデータセンターに作成した」というイメージです

最後に「作成」ボタンを押し、プライベートサブネットの作成完了です!

プライベートサブネットのルートテーブルを確認

image

「サブネット」メニュー内から先ほど作成したプライベートサブネットを選択し、
下画面のタブより「ルートテーブル」を開きます。

すると、VPC内のネットワークしか行けない事が分かります。
(パブリックサブネットと比べると、0.0.0.0/0のルーティングがありません)

これがプライベートサブネットと言うことですね。

もしもプライベートサブネットとインターネット通信したい場合は

参考情報で、ここでは深く話しませんが

  • プライベートサブネットからインターネットに抜けたいだけの場合は、「NATゲートウェイ」サービスを利用します (ただし「NATゲートウェイ」サービスは、隣のパブリックサブネットに配置します)
  • プライベートサブネット内にあるインスタンスにインターネットからアクセスさせるためにインターネット向け「ELB」を利用出来ます(ただし「ELB」サービスは、隣のパブリックサブネットに配置します)

プライベートサブネット内のあるインスタンスがインターネットと相互通信させるための「Elastic IP」は利用できないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です