VMware vSphereでサポートされる仮想マシンバージョンの互換性仮想マシンを作る方法

仮想マシンを作成するVMware vSphereのクライアントは

  • VMware vSphere クライアント
  • VMware vSphere Webクライアント

の二つありますが、VMware vSphere 5.xから「VMware vSphere Webクライアント」が主流が変わってきました。

 

VMware vSphereで古い仮想マシンバージョンの互換性仮想マシンを作る方法

上記二つのVMware クライアントでは出来ることが異なっていたりします。
そのひとつに、サポートされる「古い仮想マシンバージョンを作成する」場合があります。

image
VMware KB: vSphere 5.x 環境におけるESXi/ESX と仮想ハードウェアバージョンの互換性

以下、

  • VMware vSphere ESXi 5.5

環境の情報です。

 

  • VMware vSphere Webクライアントで仮想マシンを新規作る

VMware vSphere Webクライアントで新規仮想マシンを作る方法

image

VMware の左メニューから「ホーム」-「vCenter」-「仮想マシン」を選択します。
さらに上の画面の赤い四角マークの「新規仮想マシン作成」ボタンを押すと、仮想マシンを作成できます。

 

VMware Webクライアントでは古い仮想マシンバージョンが作成出来る

image

互換性がある仮想マシンの古いバージョンのものが作成出来ます

  • ESX/ESXi 3.5 以降 (仮想マシンバージョン4)
  • ESX/ESXi 4.0 以降 (仮想マシンバージョン7)
  • ESXi 5.0 以降 (仮想マシンバージョン8)
  • ESXi 5.1 以降 (仮想マシンバージョン9)
  • ESXi 5.5 以降 (仮想マシンバージョン10)

が作成出来ます。

 

  • VMware vSphere クライアントで仮想マシンを作る

VMware クライアントでも古い仮想マシンバージョンが作成出来るが・・・

image

新規仮想マシンを「カスタム」で作成することにより、古い互換性バージョンの仮想マシンを作成出来るのですが、

    • 仮想マシンのバージョン: 4
      このバージョンは VMware ESX 3.0 以降、および VMware Server 1.0 以降で実行されます。 ストレージまたは仮想マシンを 3.5 以前の ESX と共有する場合はこのバージョンをお勧めします。
    • 仮想マシンのバージョン: 7
      このバージョンは VMware ESX/ESXi 4.0 以降で実行されます。 ストレージまたは仮想マシンを 4.1 以前の ESX/ESXi と共有する場合はこのバージョンを推奨します。
    • 仮想マシンのバージョン: 8
      このバージョンは VMware ESXi 5.0 以降で実行されます。最新の仮想マシンの機能が必要で、さらに ESX/ESXi 4 に移行する必要がない場合はこのバージョンを選択してください。

までです。
つまり、VMware vSphereクライアントでは、ESXi5.0以降(ESXi5.1、ESXi5.5とか)は開発されていないとうことですね。

ここからも今後のVMwareクライアントの主流が今後はWebクライアントになっていくことが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です