VMware CBTが壊れた?リセットされた?増分バックアップがフルバックアアップになる。

VMwareのCBT技術を使用しバックアップを取得している場合、注意しなくてはならない事があります。
CBTを有効にしておくと仮想マシンの増分バックアップが出来るようになるのですが、突然予定外のフルバックアップになってしまうケースがあります。
VMware 運用中にどのような操作をするとCBTがリセットされ次回フルバックアップになってしまうのでしょうか?

 

VMware CBTが壊れるてフルバックアップになる運用

image

環境・前提条件:

  • VMware vSphere ESX 5.5 Update2

 

オンラインでStorage vMotionした場合、次回仮想マシンはフルバックアップになる

オンラインでStorage vMotionを行うと次回その仮想マシンのバックアップ時に増分バックアップがフルバックアップになります。

オフラインでStorage vMotion(ストレージ移動)をした場合はフルバックアップになりません。
もちろん、オンラインのvMotionを行った場合もフルバックアップにはなりません。

VMware KB: Change Block Tracking が vSphere 5.x でのストレージ vMotion 操作の後でリセットされる

スナップショットから戻る(Revert)と次回仮想マシンはフルバックアップになる

以前取っていたスナップショットから仮想マシンを復旧したところ(Revert)、次回バックアップがフルバックアップになりました。

VMware KB: Reverting to a preexisting snapshot can cause incremental backups based on Changed Block Tracking to become inconsistent

 

HAが起きるとそのホスト上で動作していた仮想マシン全部が次回フルバックアップになる

こちらは実経験はないのですが、噂で聞きました。
HAといった障害時は次回フルバックアップになっても仕方ないですね。

こちらは、確認したらまた情報を追記したいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です