VMware管理LinuxアプライアンスvMAのインストール方法

VMware ESXの管理Linuxアプライアンス(vMA)のインストール・設置方法です。
簡単に言いますと

  1. VMwareサイトからOVFテンプレートをダウンロードする
  2. VMware ESXにOVFテンプレートをインポート(デプロイ)する
  3. vMAを起動させて設定する

という流れになります。
ここでは、2について説明します

VMware管理LinuxアプライアンスvMAのインストール方法

image

準備として、vMAのOVFをVMwareサイトからダウンロードしておく必要があります

参考までに

vMAのディスク上のサイズはシンプロビジョニングの場合1.5GBでシックプロビジョニングの場合3.0GB必要です

環境:

  • VMware vSphere 5.1 U1
  • vMA 5.1.0.1
  1. VMware ESXの上メニューから「ファイル」-「OVFテンプレートのデプロイ」を選択
    image
  2. VMwareサイトからダウンロードしたvMAのOVFテンプレートのパスを指定して「次へ」image
  3. 「次へ」ボタンを押します

    vMAのディスク上のサイズはシンプロビジョニングの場合1.5GBでシックプロビジョニングの場合3.0GBなんですね
    image

  4. 「承諾」ボタンを押して「次へ」ボタンを押します
    image
  5. 仮想マシンの名前を指定して「次へ」ボタンを押します
    デフォルトのvMAの仮想マシン名は「vSphere Management Assistant (vMA)」です。
    VMwareの仮想マシン名にスペースが入っていても大丈夫なんですね
    image
  6. 仮想マシンを配置するストレージを選択し「次へ」ボタンを押します
    image
  7. 仮想ディスクのフォーマットを選択し、「次へ」ボタンを押します
    image
  8. ターゲットネットワークも決めて「次へ」ボタンを押します
    image
  9. 「完了」ボタンを押します
     image
  10. vSphere Management Assistant (vMA)のデプロイが正常に完了するまで待ちます
    image

これでインストールは完了ですが、vMAにIPアドレス等の設定する必要があります。
vMAの電源をオンにしてコンソール画面にて初期設定メニューが表示されます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です