VMwareにP2V時にSymantec System Recovery(SSR)を使用した場合restore anywhereを実行するの?

VMwareにP2V(物理マシンから仮想マシンへ変換)する時は

  1. 物理マシンをイメージバックアップ
  2. イメージバックアップから仮想マシンにリストア
  3. 仮想マシンにVMware Converter実行
  4. クリーニング作業(エラー潰し)

を良く行います。(異なる手順もありますが)
このイメージバックアップをシマンテック製品の「Symantec System Recovery」を使用した時の話です。

image

2番の「イメージバックアップから仮想マシンにリストア」する時に、「Restore Anywhere」オプションが必要かどうかです。

 

結論、不要。Restore Anywhereに相当するのがVMware Converterの「Configure machine」処理です

image

シマンテック製品「Symantec System Recovery(以下、SSR)」には、「Restore Anywhere」というリストアオプションがあります。
これは、異機種間のハードウェアにリストアする場合に使用するオプションです。
今回、「物理マシン」から「仮想マシン」という異なるハードウェアにリストアしますので、本来は「Restore Anywhere」オプションが必要なのですが、今回の作業では不意です。

それはSSRの「Restore Anywhere」リストアオプションは、VMware Converterによる「Configure machine」の実行と同等の機能であるためです

つまり、SSRでP2Vを行う時は、「Restore Anywhere」では無く「Configure machine」を実行すればOKです

 

SSRの「Restore Anywhere」を実行してリストアすると?

image

ちなみに、
SSRの「Restore Anywhere」オプションを使用しOSをリストアした場合どうなるかと言いますと
OSリストア後、初めて起動した時にWindowsミニセットアップのような「コンピュータのデバイスを検出して、インストールしています」という処理が入ります。
これはハードウェアが変わった為、ドライバを変える処理が入っているのです。

これと同等の処理を、VMware Converterによる「Configure machine」が行ってくれているわけですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です