タグ別アーカイブ: 仕様動作

スイッチバック処理に30分以上時間がかかる原因・理由。ARCserve replication


CA ARCserve Replication/HA(以下、ARCserve RHA)を使用していて、スイッチバック処理(スイッチオーバー後手動で元の状態に戻す処理)を実行した時に、すぐにアクティブが切り替わらずにスイッ […]

続きを読む→

ARCserve Replicationはクォータのディスク制限でシナリオ(同期・レプリケーション)が停止する


ARCserve Replicationでファイルサーバーを運用している方もいるかと思いますが、そのファイルサーバーがクォータの設定していてさらに容量がひっ迫していた時の話です ARCserve Replicationは […]

続きを読む→